櫻井ティモと7人のドラム講師

Pocket

教則ビデオやクリニック、体験レッスンなど、ドラムの勉強になった人は数えきれないほどいるけれど、長期間に渡って直接ドラムを習った「先生」と呼べる人は、高校時代に1人、専門学校時代に4人、大学時代に2人、合計7人いる。ドラム講師を志したのは専門学校に入る前だったので、彼らの教え方がどういったものか、注意深く観察していたけれど、いずれも一流の、素晴らしいドラム講師だった。

最初の先生は高校の3年間、長い期間に渡ってドラムを習った。当時の櫻井はジャズ・ドラムが叩きたかったのだけれど、先生が勧めたのはレッド・ツェッペリンとジェフ・ベックで、「移民の歌」や「カム・ダンシング」を叩かされていた。「この時代のドラマーはみんなジャズ叩いていたから」と言うので「騙されてるんちゃうか……」と思いつつ練習したけれど、見事に騙されたわけである。青年期真っ盛りだったこともあって、最も反発した先生だったけれど、ドラマーとしての技術や精神面において最も影響を受けた先生であることは間違いない。

専門学校に入学して初めて会ったドラム講師は、僕がスタジオで練習していると突然部屋に入ってきて、櫻井の演奏を聞くなり、「使いものにならんわ」と言い捨てるような人だった。言い方がとても暴力的で、端的に言えば「鬼講師」である。ただ、言っている内容はいつも正しいし、ドラムや音楽、仕事に対する姿勢は、まったく一緒だ、と言っていいほど共感できた。なにより超がつくほど不器用だった櫻井に対し、「お前は絶対にプロになる」と断言したのは、後にも先にもこの先生だけである。まさに、人生を変える励ましの言葉だった。プロになった今でも、心から尊敬している先生である。

1年次にドラムを習ったもう1人の先生は、ドラマーとして最も憧れている人である。本人は「俺はそんなに上手くないし」と極めて謙虚なのだけれど、一発一発の熱量や、叩いていない空間部分が洗練されていて、たぶん、生まれて初めて「こういうドラマーになりたい」と思った。習うだけでは物足りなくて、ライブへ行って技を盗もう、と積極的にさせたのもこの人だけである。

2年次に入って最初にドラムを習った先生は、明るくて優しい、面白い人なのだけれど、教え方は「ある一定のレベルに達するまで次の課題には進ませない」と徹底していた。ほんのちょっとでもミスをすると「んー来週もっかいね」と、笑顔で恐ろしいことを言う人だった。人間的にすごく良い人だったけれど、ドラムに関して彼以上にストレスだった先生はいない。が、彼以上に櫻井をドラマーとして成長させた先生もいない。

専門学校で4人目の先生は、いわゆる「ドラマードラマーしている先生」で、とにかく技術面の向上を主として教えている先生だった。ドラム嫌いの櫻井にとっては苦行となるレッスンの連続で、心の中で反発しつつ、ルーチンで従っていたせいで、習ったことの半分も適用できていない。その半分以下の内容が、後に大学で習う「リズム・トレーニング」という授業のすべてだった。彼に習っていなければ、実技科目主席なんて成績は取れなかっただろう。

大学に入って最初の先生は、元トランペッターという異色の経歴で、ジャズ・ドラムを習いたい、という櫻井の夢を叶えてくれた人だった。特に、念願だったブラシ奏法を基礎からしっかり習えたのは貴重な財産である。櫻井の叩くジャズ・ドラムは、すべて彼の影響を受けたものであるし、彼から学んだ練習方法は今も続けており、今後も続いていくものと思われる。

大学最後の先生は、以前「クラーベ」というブログにも書いた「変拍子ラテン」の第一人者で、他にもメトリック・モデュレーションなど、より先進的な技術を習った。また、ドラム講師として非常に長いキャリアを持っている人でもあり、具体的なレッスンの進め方やドラム講師試験の相談をしたこともある。ドラマーとしてもドラム講師としても、大きな一歩を踏み出す背中を押してくれた、偉大な先生である。

以上。ちなみに、櫻井のプロフィールには「○○氏に師事」といったことは書いていない。理由は、プロフィールが長くなってしまう(書くなら7人全員書きたい)からである。それに、彼らの名前を挙げられるほど自分はまだ活躍していないだろう(とか言いつつ、最初の先生に関しては過去のブログで名前を挙げている)。

最大級の敬愛を込めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA