レッスンする上で最も重要視しているポイント

Pocket

楽器・国内外問わず、色んな講師の方に訊いている質問である。前回のブログでも少し触れたけれど、大抵は「個性を潰さない」「生徒様の成長を最優先に考える」といった当たり障りのない答えが返ってくる。そう易々と手の内は明かさないか、と最初は思っていたけれど、どうやら本気でそう考えている講師もいるらしい。否定はしないけれど、有名人が亡くなった際のSNS追悼コメントを見ているようで微笑ましい。講師が心配したところで生徒様の成長に影響はない。

講師業とは、講師が専門とする知識や技術を売る接客業である。ものを売る接客業において重要視すべきポイントは「どんな商品を売るか」だ。しかし、多くの接客業がそうであるように、ほとんどの商品はインターネットで手に入る時代である。特に技術に関しては、講師よりもはるかに上手いプレイヤーの演奏が数多くかつ無料で配信されている。実際に生の演奏を体感できたり、比較的正確な知識を得られたりするなどのメリットはあるが、これらはコンサートや書物などで代用できてしまう。要するに、知識や技術だけを売っていては商いにならないのである。

そこで考えなければならないのは「レッスンすることでしか手に入らない商品を売る」ということである。これこそ講師がレッスンをする上で最も重要視すべきポイントだ。前述の「講師の心配」は言ってみれば「接客時の心得・接客態度」のようなもので、注意すべきポイントにはなるものの、マクドナルドのスマイルが0円であるように、顧客(生徒様)に金銭を支払わせるほどの商品価値はない。

レッスンすることでしか手に入らない商品とは何か。ある講師は「講師業とは、自分の経験を売る職業である」と言った。抽象的だが、的を射ていると思う。たとえば、櫻井ティモの経験は櫻井ティモにしか販売できないし、櫻井ティモからでしか購入できない。問題は、具体的にどう売るかである。それに、60を過ぎた大御所と30そこらの若造の経験値は単純計算で倍違う。「若い人に講師は務まらない」と言われているのは、この経験値の差が大きい。ゆえに、若い講師は経験以外にも商品を用意する必要があるだろう。もちろん、老いても経験だけに寄らず、絶えず商品価値を模索している講師もいる。そういう人が、いわゆる「優れた講師」として世間に名を馳せるのであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA