ラスト・サマー・タイム

Pocket

前回の記事からだいぶ時間が経ってしまいました。というのも、ここ最近ずっと卒論を書いてまして、先日ようやく一段落しました。翻訳作業も進行度50%といったところ。ひとまず、締め切りに追われて卒業できない、という危険は回避できそうです。

卒論のテーマはドラマー、ルイ・ベルソンのソロ分析。主に技術面の分析について書きましたが、彼がドラマー史上初めて導入した「ダブルベースドラム奏法」を中心に、「新しいアイディアをただ取り入れるだけでなく、成功させるためにはどうすれば良いか」という点にも触れてみました。今回は英語への翻訳を前提に執筆しているので、一般に公開するには少々難ありの内容ですが、ご希望の方はご一報ください(ワード形式のみ)。

ダブルベースドラム繋がりで、先月からツインペダルを練習してます。いずれ練習せんといけんな、と思っていた分野だったし、仕事に就いてからでは時間と余裕がなくて始められないだろう、という見込みから思い切って購入。練習方法はいくらでも思いつくんですが、それをいかに実践に応用するかが今後の課題です。曲のコピーが一番効果的なんでしょうけど、なにぶん知識がないので、一から勉強中です。

大学の授業も今週と来週、イースター休みの後にもう1週、計3週間を残すだけとなりました。5月と6月の試験期間の後、7月15日に日本へ帰国予定です。行きは関東経由で渡愛しましたが、今回は安いチケットを入手できたので、関東には寄らず、そのまま関西へ直帰します(正確にはドバイ経由ですが)。その後の活動も、しばらく関西が中心になるかと思います。

日本はまもなく新年度。消費税が上がったり、花粉が舞ったりしてるみたいですが、皆様が良い新年度を迎えられますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA