JUDY AND MARYのトラウマ

Pocket

日本のバンド「JUDY AND MARY(以下、ジュディマリ)」に『トラウマ』というタイトルの楽曲があるわけではなく、櫻井のジュディマリにまつわる心的外傷のこと。あらかじめ断っておきますが、当記事はジュディマリを非難するものではありません。ジュディマリ本人たちが出てくるわけでもないのでご注意ください。

ドラムを始めて1年が過ぎようとしていた高校1年生の冬、櫻井は「ジュディマリやるべ」と言うベーシストの同級生に誘われ、3月に開かれる学校行事でバンド演奏をすることになりました。残りのメンバーをどうするか検討したところ、同じ高校の3年生で音楽コース(軽音部のようなもの)の先輩2人に白羽の矢が立ったのです。校内でも話題の、実力派の先輩でしたた。

先輩方は快く引き受けてくださったのですが、問題は選曲でした。誰が決めたか知りませんが『mottö』をやることになったのです。この曲、テンポ196の8ビートでとにかく速いのです。おまけに、2番の冒頭に8分音符のキック3連打が入っています。

8ビート、8分音符のキック3連打パターン

櫻井は不器用なりに努力しましたが、何度練習しても成功しません。それ以前に、手も足もテンポ196では動かすことすらできませんでした。結局、原曲よりも遅めテンポに設定し、前述のキック3連打は諦めて普通のパターンを叩くようにしたのです。

せめてものフォローをしたつもりでしたが、先輩方は納得がいきません。「2番のアタマはキックの3連打だ」と指摘され、「足が動かなくてできません」と答える。すると「できない? なんでできないの?」とおっしゃるのです。その後、さんざん侮辱された櫻井はたいそう落ち込み、同級生のベーシストに泣きついたのでした。

これをバネに「絶対速いテンポの曲を叩けるようになってやる!」と情熱的になる人もいるでしょう。だけど、櫻井の場合は「もう2度と速い曲はやらない」と忌避するようになったのです。以来、テンポ190以上の8ビートの譜面を見ると鳥肌が立つし、ベーシストに泣きついた駐車場の風景がフラッシュバックするほど心がざわつきます。これが櫻井のトラウマです。

たまにジャズのスタンダードをテンポ310くらいで叩き、メンバーの苦しんでいる姿を見て楽しむことがありますが、たぶんこのトラウマの裏返しだと思います。憎しみは憎しみを生む、ということ。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA