6月の祝日

Pocket

新たな祝日として8月11日が「国土の大半を占める山の恩恵に感謝、山との共存・共生を図り、山に親しみ、山を考える日」として「山の日」になったそうだ。「海の日があんだから山の日も作れや!」という声の元に制定されたらしいけれど、調べてみると、海の日が制定される前、1958年の時点で「山の日を作ろう宣言」というものがなされていたそうな。これにより、今度は「6月にも祝日を作れや!」という運動が起こる模様。

6月に祝日ができるとすれば、例えば「雨の日」。他の祝日のように第〇月曜日と制定すれば3連休になるし、カーペンターズも大喜びである(歌詞は落ち込んでいるけれど)。しかし、天気予報士にとっては「雨の日は晴れるでしょう」と若干ややこしい日になってしまいそうである。あとはジューンブライドにのっとり、「花嫁に親しみ、花嫁を考える日」として「花嫁の日」とか。人によっては1日ブルーになるかもしれない。

山、海と続いて「空の日」なんてどうか、という意見もあるが、既にある(9月20日)。自然に親しむ「みどりの日」があるんだから、「機械の日」はどうか、とも思ったけれど、これもある(8月7日)。「こどもの日」「成人の日」「敬老の日」で年齢関係はすべてカバーされているし、「体育の日」「文化の日」があるので趣味関係も難しいだろう。ならば、「勤労感謝の日」に対抗して「ぐうたら感謝の日」なんてどうか、と思ったらのび太くんが既にやっていた。しかも6月2日。考えることはみんな一緒である。「昭和の日」「天皇誕生日」は天皇の誕生日に関係するので論外。「春分の日」「秋分の日」に便乗して「夏至」「冬至」を祝日にしてしまう、というのも考えられるけれど、一度にふたつ祝日を増やすには色々と問題が多いのかもしれない。

そうなると、残る可能性は「建国記念の日」「憲法記念日」のように、記念日を祝日として認めさせるしかない。現在制定されている6月の記念日は「熱気球記念日(5日)」「母親大会記念日(7日)」「時の記念日(10日)」「ベースボール記念日(19日)」「UFO記念日(24日)」「国民憲章調印記念日(26日)」「貿易記念日(28日)」「ビートルズ記念日(29日)」の8つ。なんだよ母親大会記念日って。そして今日はベースボール記念日なのね。この中で可能性があるとするなら、やっぱりビートルズか。ちなみに「時の記念日を祝日にしよう!」という動きは実際にある(明石・時感動推進会議)。

さて、日本の祝日はまだ制定されていない「山の日」を除いて全部で15つあり、そのうち14つはこのブログの中に載っている。残りひとつはなんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA