超能力

Pocket

読んで字のごとく、ただの能力ではなく、超能力である。一応、「科学的に解明できない特殊能力」という定義があり、一時期流行っていた「スプーン曲げ」などがこれに含まれるらしい。当時は給食の時間にスプーン曲げし始める小学生で溢れかえっていたけれど、たぶん、今の小学生は「たかがスプーンを曲げる程度、どこが超能力なの?」と、クールな感想を言いそうである。

スプーン曲げは、超能力の中でも「念力」というジャンルに分類されるらしい。念力とは、意志の力だけで物体を移動させたり、変化させたりする力らしい。手を触れずに、椅子を数メートル移動させたり、机の上のペットボトルを潰したりするらしい。ただ、意志だけを使用するため、精神統一をしなければ念力は使えず、更に、ジャンボジェットやタンカーなど、大きな物体には効果がないらしい。よって、手を使った方が早いし、機械よりローテクである。他にも、透視、瞬間移動、未来予知などが超能力に含まれるらしいが、いずれも機械を使った方が確実に成功する。「非科学的能力」の方が適切な名称であると思う。

超能力といえば、櫻井の後輩に1人、超能力者がいる。その人の能力は「テレパシー」のようなもので、櫻井が何を考えているのか、ぴたりと当ててくるのだ。長い付き合いならいざ知らず、たかだか高校2年間に何度も心を見抜かれているので、櫻井は陰ながらその人のことを「エスパー」と呼んでいる。他人の中では、親よりも櫻井のことを理解している人だと思う。大げさに聞こえるかもしれないけれど、実際そうだから仕方がない。

いかにも胡散臭い超能力者っぽく書いたが、実際は非科学的でも何でもなくて、いわゆる「空気を読むプロフェッショナル」なんだと思う。よく気が付くというか、気を揉むというか、気を使うタイプなのだろう。とても優しい人だけれど、もう少し自分自身に対して気を回して欲しい、と少し心配になることがある。もっと良く知りたい、と櫻井を積極的にさせる友人の1人だけれど、その人は送信側のテレパシーを持っていないので、何を考えているのかさっぱりわからない。それでも、何とかならないものかと、目を細めて透視を試みるのである。

今のところ、科学を超える超能力はないと思うけれど、あるとすれば、きっとこういうものなのでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA