芋と麦は身体に悪いのか

Pocket

友人から「櫻井は不健康だから、もう少し野菜をとった方が良い」みたいな指摘をされたことがある。当時櫻井はアイルランドに住んでいて、主食はジャガイモだったし、ウイスキーを嗜んでいたため、「野菜は充分とっている」と答えたら「バカじゃないの」と呆れられてしまった。芋も麦も立派に野菜だと思うのだけれど、どうして呆れられたのだろう。

芋と麦といえば、焼酎の主原料でもある。いにしえの人々は健康を考えて、あえて芋や麦から焼酎を作ったのではないか。ビールも主原料は麦だ。ワインはぶどうから作られるし、ブランデーは果実から作られる。不健康志向であるなら、わざわざ野菜や果実を発酵させたり、蒸留させたりしないだろう。

「ひょっとして、芋や麦が悪いのではなく製法に問題があるのか」とも思ったけれど、チーズや味噌、納豆などの発酵食品は身体に良いとされている。櫻井は発酵食品も好物でよく食べていた。ご飯に納豆とたまごと醤油をかけたものを3年間続けていたこともある(参考『エクストリーム食生活』)。言うまでもなく醤油も発酵食品なのだけれど、「全体的に茶色い」と非難されてしまった。

もしかして、茶色い食べ物が身体に悪いのだろうか。芋も麦も茶色と言えなくもない。焼きそば、たこ焼き、コロッケ、豚カツなど、不健康の象徴とも言うべき粉物と揚げ物はほとんど茶色だ。つまり、アーモンドやくるみといったナッツ類も身体の毒である。玄米よりも白米の方が健康的、ということだ。ということは、日本酒は身体に良いのだ。今後は「とりあえず生」ではなく「とりあえず純米」がトレンドになるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA