続・電子ドラム

Pocket

前回のブログ(参考「電子ドラム」)では電子ドラムについて少し否定的だったので、今回は電子ドラムの今後の展望について考察したい。まず、現時点で電子ドラムは以下のように用いられている。

○自宅練習
○DTMなどの音源制作
○狭いスペースや簡易ライブでの演奏
○生ドラムとのハイブリット・キット

自宅練習については前回触れているので割愛する。音源制作は、通常は打ち込みを使うことが多いが、「アナログの手法でデジタル音源を作る」という電子ドラムの特徴を活かし、より直感的にドラム・パターンを創作することができる。また、生ドラムと違ってセッティングや音量コントロールが容易であるため、狭いスペースや短時間のちょっとしたライブで活躍できる。そして、生ドラムと同じ演奏方法であることから、生ドラムのセットの一部に電子ドラムを組み込んでエフェクトとして用いることがある。この場合に求められるのは、「生ドラムに追随したリアルさ」よりも「電子楽器ならではの飛び道具的サウンド」であることが多い。

今後、電子ドラムが生ドラムにとって代わるような需要を獲得するには、どうすれば良いか。時代の流れも重要だけれど、やはり現時点の楽器構造自体に無理があると思う。今までにない、革新的なアイディアを実現する必要があるだろう。いくつか例を挙げてみた。

○持ち運びやすいポータブル性

もともと生ドラムよりもコンパクトな電子ドラムとは言え、持ち運ぶには車が必要な機種がほとんどである。より軽く、より小さく、加えて高性能な電子ドラムが開発されれば、「1ドラマーにつき1台」という時代が来るかもしれない。

○ヘッド、シェルの振動を電気信号に変える構造

前回も触れたけれど、電子ドラムの構造はキーボードとほぼ同じである。生ドラム特有のヘッド、シェルの鳴りを電子信号に変え、増幅させる構造にする。エレキギターなどと同じ仕組みにするわけだ。モジュールで音源を作るのではなく、電子パッド中心の音作りができるようになれば、よりリアルに、かつこれまでにないサウンドを獲得できるのではないか。成功すれば、「ドラム用エフェクター」や「ドラム用アンプ」といったビジネスにも発展できる。

○非振動かつ超静音の鳴り

上記の「ヘッド、シェルの振動を電気信号に変える」には「生音が大きい」という難点がある。エレキギターの「弦を弾く」に対し、ドラムの「太鼓を叩く」という動作は、それだけで近所迷惑になりかねない。しかし、楽器がある程度響かなければ、電気信号に変えた際、劣化が目立つだろう。この辺りのバランスが最大の課題になると思う。

以上。一介のドラマーがここまで考えられるのだから、専門家は更に上のアイディアを実現しようとしているだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA