楽器練習の定義

Pocket

人によって定義は異なると思いますが、「練習」という言葉を辞書で引くと「技能、芸事が上達するように同じことを繰り返しならうこと」と定義してあります。櫻井の定義も比較的近く、こと楽器に限定するならば「できないものをできるようにするための、メトロノームを使って行なう周期運動」としています。できるもの、メトロノームを使っていないもの、運動が連続していないものは練習にあらず、というわけです。タイトルに「楽器練習」と書いてあるように、ドラムに限った話ではありません。つまり、音源に合わせて演奏したり、バンドで音合わせしたりするのは、「リハーサル(確認)」であって練習ではないと櫻井は考えています

もちろん、「できないものをできるようにするための、メトロノームを使って行なう周期運動」をバンドで行なうことも不可能ではありません。しかし、メンバー全員のできないものが必ずしも一致するとは限りません。AができないボーカルのためにAを練習している間、Aができる他のメンバーは練習していない、ということになってしまいます。ゆえに、練習はスタジオに入る前に個人で行なう方が効率的です。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA