楽器の壁

Pocket

櫻井が初めて手にしたポピュラー楽器はアコースティック・ギターで、最初の壁はやっぱり「Fコードが押さえられない」だった。まあ、Fコードは頑張れば誤魔化せる。次のBコードで「あ、ごめん、ギター無理」と諦めてしまった。正直、今でもバレーコード(人差し指全体を使うコード)は上手く押えられない。エレキベースは「弦が太くて鳴らない」、ピアノは「メロディとコードを同時に演奏できない」、管楽器にいたっては「音が出ない」というのが最初の壁で、今でもその壁を乗り越えられずにいる。

ドラムの時は、「8ビートが叩けない」が最初の壁だったと思う。ただこれは、他の楽器に比べると乗り越えやすく、3ヶ月ほどで叩けるようになった。ちなみに、3ヶ月かけてようやく8ビートというのはかなり上達が遅い。勘の良い人なら1日もかからないだろう。練習のやり方が間違っていたのもあるだろうけれど、相当なリズム音痴であったのも事実だ。

最初の壁を乗り越え、楽器にも慣れてきたころになると、大抵次の壁は「速い演奏ができない」といったテンポの問題であることが多いのだけど、櫻井は「運動神経悪い自分には、筋力的にまず無理」と、はなっから諦めてしまっていた。それでもやっぱり壁はあって、櫻井の場合は「2拍3連が叩けない」だった。「2拍の間を等間隔に3つ叩く」「3連符から片手を抜いた形」という理論的なことは頭で理解できているのだけれど、感覚的にまったく理解できない。頑張って耳で覚えようとするのだけれど、今度は付点8分と混同してしまう。結局これも専門学校に通うまで、実に7年もの間叩けなかったのだ。

人によってはアップ・テンポも2拍3連も難なくできるかもしれない。高校の頃はドラム始めたてということもあって、周りとのレベルの差に一番やきもきしていた時期だった。ただ、その時に「自分も今すぐできるようにならなければ!」という風に考えていたら、櫻井はドラムも中途半端になっていたと思う。「うちはうち、よそはよそ」「10年後には勝つ」という気持ちで壁に取り組んでいたら、時間はかかったけれど、確実にクリアしてきた。競うスピードよりも重要なのは着地、ということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA