本番直前に練習は必要か

Pocket

演奏前の控室で熱心に練習しているミュージシャンがいるそばで、談笑していたり、雑誌を読んでいたり、スマホを片手に煙草を吸っていたりするミュージシャンがいます。中には「本番ギリギリまで練習するのはみっともない」と考えているミュージシャンもいます。実力が伴わない、見せかけだけの余裕になっているミュージシャンもいますが、練習なしで素晴らしい演奏をしているミュージシャンがいるのも事実です。

櫻井は、「練習しないで済むのなら、それに越したことはない」と考えています。努力を表に出すのは恥ずべきことですし、余裕を見せて結果を出している方が格好良いと思っています。漫画でよくある「線が細くてニコニコ笑っているキャラクターが実は一番強い」みたいな展開をいつも期待しています。しかし、やはり現実はフィクションと違っていて、練習なしでステージに立てるほど実力はついていないのです。いつか「楽屋でギターを触っていた人が実はドラマーだったなんて!」みたいなことをやってみたいのですが、実現になっていません。

本番直前に練習する最大の目的は、固くなった身体をほぐすための「ウォーミング・アップ」です。ただでさえ本番前は緊張で身体が固くなります。また、身体が冷えた状態で演奏すると腱鞘炎などの怪我に繋がる恐れもあります。ストレッチや準備体操でも身体はほぐれますが、楽器演奏をするための身体は、楽器演奏をすることでしか養われません。どうせなら楽器に触っておいた方が良い、というわけです。少なくとも、「本番前に少しでも上手くなっておきたい」というスキルアップは目的としていません

「最後の最後まで油断せず、悔いを残したくない」という理由で、本番前に練習している人もいるでしょう。精神的ウォーミング・アップと言ったところでしょうか。将来を見据えて対策を打つのは賢い行動です。ただ、他の人の演奏を聞いたり、共演者と交流を深めて人脈を広げたりするなど、本番前にしかできないことがあります。演奏だけがミュージシャンの仕事ではありません。目先のステージだけでなく、ステージを降りた後の未来を見すえましょう。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA