小中学校における音楽の授業の未来

Pocket

義務教育課程における音楽の授業とは、幼少期の感性を育んだり、「クラスで団結する」といった社会性を学んだりするのが目的である。一応テストはあるけれど、進学にはあまり影響がない科目であり、おざなりにする生徒も多い。教師の機嫌をとって内申を保つ授業、とも言える。

授業内容は「表現(楽器演奏)」と「鑑賞」の2つに分けられる。表現の授業で主に用いられるのは「歌唱」である。楽器だと鍵盤ハーモニカやリコーダー、トライアングルやハミルスといった小型のパーカッションなど、いずれもメンテナンスが容易で安価、かつ大量生産できる楽器が用いられる。ギターやドラム・セットなどのポピュラー楽器は、子どもが扱うには精巧すぎる(壊しやすい)し、学校側も手に負えない(管理できない)ため、授業で用いられるのは小学生高学年以降のごくわずかな期間だけである。

鑑賞の授業で扱われる題材は、ほとんどがクラシック音楽だ。国内外問わずあらゆる名作を鑑賞するのは良いのだけれど、テストに出るのは「この作曲家は誰でしょう」「これらの音楽が生まれたのは何時代というでしょう」や「空欄に当てはまる歌詞を答えなさい」といった問題である。たしかに、知識は身につくかもしれない。ただ、音楽というより歴史と国語のテストである。

近年はダンスの授業が取り入れられるなど、義務教育の授業内容が多様化してきている。この流れに便乗すれば、音楽の授業に革命を起こすことができるのではないか。そこで今回は、「将来、小中学校における音楽の授業で扱われそうな課題」を3つ挙げる。現代の音楽業界に通じる先進的な内容を選んだつもりだけれど、ひょっとしたら既に扱われている可能性もあるので、あらかじめご了承願いたい。

◯聴音

和音や調判定は無理かもしれないが、インターバルなら小学生でもできる。使うのは白鍵だけに限定して、小学生低学年は完全5度まで、高学年は1オクターブまでとする。中学生からは黒鍵を増やすのもいいかもしれない。これなら予算もかからないし、耳も鍛えられる。

◯音響機材

スピーカーやマイクといった音響機材の扱い方を学ぶ授業で、たとえば、「スピーカーにマイクを近づけてはいけない理由」や「正しいマイクの持ち方」などを学ぶ。以前に書いた「PA」の授業に近い(参考「小学校で教えるべきこと」)。音楽に関わらず役に立つ技術だけれど、音楽というより理科の授業になっている気もする。

◯DTM

「デスク・トップ・ミュージック」の略で、パソコンを使った音源制作のこと。作曲目的ではなく、操作方法を教える授業にすれば楽典の知識も必要ない。フリー・ソフトも多くあるので予算もかからないだろう。難点は、ソフトによって操作方法が大きく異なるため、授業内容を統一しにくいという点と、やはり音楽というよりパソコンの授業なのではないかという点。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA