定員の80%未満しか客席が埋まらなかったらどうなるか

Pocket

店によって多少システムは異なるが、日本のライブハウスでは出演する際にチケットノルマを課せられるのが一般的である。たとえば、チケットノルマが2,000円×20枚の場合、40,000円分の集客が必要になるわけだ。この「40,000円分」というのがポイントで、必ずしもチケットを2,000円で売る必要はない。1,000円に値下げして枚数を40枚にしたり、2,500円に値上げして16枚にしたりすることもできる。

稼ぎきれなかった分の差額は出演者の負担となる。いわゆる赤字の状態だ。逆に、チケットノルマ以上の稼ぎを出せば差額は出演者に還元され、黒字となる。これがチャージバックだ。ただ、店によって「チャージバック率」というのが設定されており、チャージバック率が100%なら差額は全て出演者に還元されるが、80%だったり90%だったりすると差額の10〜20%は店の取り分となる。前述の例の場合、2,000円のチケットを30枚売れば差額は20,000円だが、チャージバックが80%だと出演者に還元されるのは16,000円である。

このようなノルマが課せられている状態で、集客がライブハウスの定員の80%に満たなかった場合どうなるか。結論を先に書くと、出演者は大儲けである。ライブハウスにもよるけれど、普通チケットノルマは定員の1割ほどの人数で設定される。チケットノルマが20枚なら、定員は200人以上と思って良い。定員200人の80%は160人、うち20人がチケットノルマで、残りの140人が稼ぎとなる。チャージバック率が100%なら、2,000円×140人で28万円の儲けだ。チャージバック率が80%でも22万円以上稼げる。

たとえライブが天災によって中止になったとしても、被害はチケットノルマ分だけだ。これくらい儲けを見据えて動くのがプロのパフォーマーである。大御所にもなればライブハウスの規模は大きくなるし、ライブ演奏の映像化や音源化、物販などのサイド・ビジネスも発展する。「会場が満席じゃなかったから」とライブをドタキャンするのは切羽詰まっているからではなく、むしろ余裕である証拠なのだ。一部の人には良い広告となっただろう。もちろん、マイナスの広告にもなったと思うけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA