作業用BGM

Pocket

勉強や仕事の際に流す音楽のこと。特定のジャンルを差しているわけではないが、クラシック音楽やジャズ、ボサ・ノバなど、比較的静かでインストゥルメンタル(非歌唱曲)が好まれる傾向がある。音楽を流すことで集中力を高めたり、安らいだりする効果があるそうだ。自分で選曲する場合もあるが、好みの曲が流れると作業に集中できないため、無作為に選曲するラジオや有線、動画配信サイトを用いることも多いようだ。

ためしにYouTubeで「作業用BGM」と検索してみると、100万件以上の動画がヒットする。1つの動画がおよそ1時間ほどなので、複数の動画を再生するのだろう。中には、川のせせらぎや風の音などの自然音と楽器の音を重ねた音源もあった。いわゆる「アルファ波」を用いた音楽で、リラックス・ヒーリングの効果があるそうだ。類似に「睡眠用BGM」というものがあるけれど、これもアルファ波を用いた音楽と言われている。作業用BGMにアルファ波を用いるのは、睡眠学習のような効果を狙っているのかもしれない。

勉強中に流すと言っても授業中に音楽を流すわけにはいかないし、仕事中に音楽を流せる職業も限られてくる。作業用BGMが流せる作業とはつまり、自宅や喫茶店でできる事前準備に限定される。また、勉強会など複数人で集まるケースに用いられることは稀で、自分1人のために流すことが主である。飽くまで「個人の集中力を高める(安らげる)」を目的としているため、他人と共有する必要がない音楽なのだ。

「作業をする」の他に「音楽を聞く」という動作が加わるため、集中力が下がり能率は悪いように思えるが、「じっと聞いているわけでないので影響はない」らしい。影響がないなら音楽なしでやればいいのにとも思うが、音楽を流しながら作業することで能率を上げる人がいることも事実だ。しかし、言い換えれば「音楽がないと作業に集中できない」とも言える。こうなってしまうと具合が悪い。

櫻井は、作業中に音楽が流れていると気が散ってしまうタイプである。音楽を聞きながら読書も難しいし、会話も苦手だ。やろうと思えばできないことはないけれど、音楽がない方が集中できるし捗る。「音楽を聞きながらだらだらと作業するくらいなら、さっさと終わらせて遊びたい」と考えているので、耳栓をして作業することが多い。これも言い換えれば「音楽があると作業に集中できない」なので、具合が悪いのに変わりはないのだけれど……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA