仕事を引き受ける基準とは

Pocket

専門学校へ通っていたころ、先生が「演奏の仕事を引き受ける基準」を教えてくださったことがある。彼曰く「報酬、音楽、(一緒に演奏する)人のいずれかが良ければ引き受ける」だそうだ。「良い」とは具体的にどのくらいの値を指すのか気になったけれど、感覚的に決めているのかもしれない。

数値化できないもの(この場合、感覚)は基準になり得ないと櫻井は思うけれど、項目を複数用意するのは妙案である。満足いく報酬の仕事ばかりではないし、業務内容(音楽)や人を選んでいては仕事の幅を狭めることになる。かといって、なんでもかんでも仕事を引き受けていては効率が下がる。取捨選択のためにも、ある程度の基準は必要だろう。

櫻井の場合、仕事を引き受ける基準は以下の2つである。前述の先生と違い、どちらの基準も満たしていることが仕事を引き受ける条件にしている。

〇時間

櫻井の本業は音楽講師業である。そのため、演奏業よりも講師業の方が優先順位は高い。また、クリスチャンなので日曜日には礼拝があり、仕事を入れるのは夕方以降に限定している(参考『櫻井ティモはクリスチャンである』)。

たとえばレッスンの前、深夜にリハーサルなりレコーディングなりの仕事を入れてしまうと、睡魔に襲われてレッスンのパフォーマンスが落ちる可能性がある。このように、講師業に差し支える仕事も引き受けることができない。たとえそれが、高収入かつ素晴らしい音楽で、素敵な人との仕事であっても。

〇信仰

前項にも書いた通り、櫻井はクリスチャンである。まずないと思うけれど、反宗教を目的とした楽曲やイベントなど、自らの信仰に背くような仕事を引き受けることはできない。逆に教会の賛美隊など、信仰を目的としている場合は無条件で引き受けるつもりでいる(そもそも仕事として扱わないと思う)。

「信仰は数値化できないのでは」と思われるかもしれないけれど、クリスチャンには聖書という基準がある。いわば170万文字ある巨大なルールブックだ。問題は、櫻井がそれを覚えられるかどうかである。

以上。実はこの2つの他に「信頼」があったのだけれど、これは感覚的なものだ、と今回考えを改めることにした。今後は信頼できない人の仕事も受けようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA