リズムだけで音楽は成立するのか

Pocket

一般的に音楽とは、メロディ(旋律)、ハーモニー(和声)、リズム(律動)の3種から成る時間芸術で、初めにリズムがあり、次いでメロディが生まれ、それからハーモニーが派生したとされています。古い歴史があり、どの音楽学校でも「リズムが最も重要だ」と教えられているためか、「リズムだけでも音楽は成立する」と考えている人がいます。しかし、果たして本当にそうなんでしょうか。

まずリズムとは、「音の時間的進行の構造」のことです。つまり、音の始まりと終わりがあれば、音の長短(速度)に関わらず、リズムが発生します。それゆえ、音そのものであるメロディ及びハーモニーが、リズムなしに存在することはあり得ません。学校で「リズムが重要だ」と教えているのはこのためです。ようするに、リズム抜きで音楽は成立しないのです。

櫻井は、リズムは「音の時間的進行の構造」という音楽的要素以前に、「周期的に反復・循環する動き」という運動的要素の面の方が強いと考えています。「生活リズム」という言葉があるように、音が発生しなくてもリズムは存在します。朝が来て夜が来る、これもリズムです。音はリズムなしには存在し得ませんが、リズムは音なしでも存在し得る、ゆえに運動的要素のが強い、という理屈です。

「じゃあドラム・ソロは音楽じゃないって言うのか!」というお叱りを受けそうですが、極端な話、その通りです。櫻井は、ドラム・ソロは音楽的パフォーマンスというより、運動的パフォーマンスだと思っています。どちらかと言えば、ダンスに近いのです。多くの場合、ダンスは音楽に付随するものですが、ダンスそのものは音楽に含まれないのではないでしょうか。

ただ、「極端な話」と書いたように、例外はあります。それは、メロディックなリズムの存在である。メロディックなリズムとは、「比較的単純なリズムの繰り返し」と考えて良いでしょう。おそらく、世界で最もメロディックなリズムは、ターミネーターの「デデン・デン・デデン」ではないでしょうか。しかし、ターミネーターを知らない人が純粋に「デデン・デン・デデン」だけを聞いて「音楽だ」と感じるかどうか怪しいところです。また、何によって音を奏でているか、道具の問題もあるでしょう。

「リズムだけでは音楽は成立しない」というのが櫻井の考えですが、これには個人差があると思っています。たとえば、映画「Dancer in the Dark」でビョークが演じているセルマは、工場の機械の音が「Cvalda」、汽車の揺れる音が「I’ve seen it all」に聞こえています。これはフィクションの話ですが、似たような感性を持っている人は「リズムだけでも音楽は成立する」と考えていることでしょう。櫻井の場合、どちらの曲もビョークが歌い出してから、つまり、メロディが加わってからが音楽だと思っています。そもそも「メロディック(旋律的)な」という言葉を使っている時点で、音楽がメロディありきの芸術であることをほのめかしているのではないでしょうか。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA