メタル

Pocket

正式名称は「ヘビー・メタル」で、ロック、ハード・ロックを源流とする音楽ジャンルの一種です。メタルは日本語で「金属」なので、すごく理系っぽく感じますが、実際はかなり体育会系です。主な要素は「速い(音数)」「でかい(音量)」「重い(音色)」の3つ。特に中高生に人気のジャンルで、櫻井が高校生の時も例外ではなく、周りはメタラー(メタル好きの人)ばかりでした。そこまで嫌いなジャンルではなかったのですが、いかんせん音量がうるさくてずっと手を出しかねていたのです。しかし、人気のジャンルなので「講師業を始める前に勉強せねば」と、ここ数年、地道に開拓していっている最中のジャンルです。

どうしてメタルは大音量でやるか疑問だったのですが、メタル畑のギタリストとこないだ会話した際、少し謎が解けました。彼いわく、メタルは「いかに音だけで観客を殺せるかを追及する音楽」だそうです。たぶん、彼らにとって楽器は重火器や兵器と同じ扱いなのでしょう。戦士の士気を上げ、奮い立たせるために音楽が用いられたことがありますが、メタルはその延長なのかもしれません。

さて、メタルの要素は「速い」「でかい」「重い」ではあるけれど、聞いている人に「速い」「でかい」「重い」と感じさせるためには、その逆、つまり「遅い」「小さい」「軽い」を上手に聞かせる必要があります。たとえば、新幹線は時速300キロ近いスピードで走行しますが、ずっと乗っていると速さを感じなくなります。いっぽう、ジェットコースターは、せいぜいその半分ほどのスピードしか出ませんが、観客を十分に魅了しています。これは、ジェットコースターには遅いスピードの時(坂を上る時など)があるからで、この緩急が、速いスピードをより速く感じさせるのです。「ジェットコースターは野外だから速く感じるんだ」という人は、地球を例えに出しましょう。地球は今も、時速約1,700キロで自転し続けています。

時代が進むにつれ、より速く、より大きく、より重く演奏できるプレイヤーはどんどん増えていますが、いくら技術的に優れているとしても、勝敗を分けるのはアレンジ、いわば「戦略」です。ジャズでもポップスでも、また、音楽の分野に限らず、何においても、頭を使って考えられる人材が1人は必要です。


開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!


お問い合わせはコチラ!


無料体験レッスンのお申し込みはコチラへ!


※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA