メタル

Pocket

正式名称は「ヘビーメタル」で、ロック、ハード・ロックを源流とする音楽ジャンルの一種。メタルは日本語で「金属」なので、なんだかすごく理系っぽく感じるけれど、実際はかなり体育会系である。主な要素は「速い(音数)」「でかい(音量)」「重い(音色)」の3つ。特に中高生に人気のジャンルで、櫻井がそうだった時も例外ではなく、周りはメタラー(メタル好きの人)ばかりだった。そこまで嫌いなジャンルではなかったのだけれど、いかんせんドラムがうるさくてずっと手を出しかねていた。しかし、人気のジャンルなので、「講師業を始める前に勉強せねば」と、ここ数年、地道に開拓していっている最中のジャンルである。

ドラムがうるさい、と書いたけれど、基本的に全部の楽器がうるさい。どうしてそんな大音量でやる必要があるのか、甚だ疑問だったのだけれど、メタル畑のギタリストとこないだ会話した際、少し謎が解けた。彼曰く、メタルは「いかに音だけで観客を殺せるかを追及する音楽」らしい。たぶん、彼らにとって楽器は、重火器や兵器と同じ扱いなのだろう。戦士の士気を上げ、奮い立たせるために音楽が用いられたことがあるけれど、メタルはその延長なのかもしれない。

さて、メタルの要素は「速い」「でかい」「重い」ではあるけれど、聞いている人に「速い」「でかい」「重い」と感じさせるためには、その逆、つまり「遅い」「小さい」「軽い」を上手に聞かせる必要がある。例えば、新幹線は時速300キロ近いスピードで走行するけれど、ずっと乗っていると速さを感じなくなる。一方、ジェットコースターは、せいぜいその半分ほどのスピードしか出ないが、観客を十分に魅了する。これは、ジェットコースターには遅いスピードの時(坂を上る時など)があるからだ。この緩急が、速いスピードをより速く感じさせるのである。「ジェットコースターは野外だから速く感じるんだ」という人は、地球を例えに出してもいい。地球は今も、時速約1,700キロで自転している。

時代が進むにつれ、より速く、より大きく、より重く演奏できるプレイヤーはどんどん増えているけれど、いくら技術的に優れているとしても、アレンジ、いわば「戦略」が勝敗を左右する。ジャズでもポップスでも、また、音楽の分野に限らず、何においても、頭を使って考えられる人材が1人は必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA