ミュージシャンの副業

Pocket

ミュージシャンという仕事は自営業の一種である。会社に所属しているわけではないので、昇給もなければボーナスもない。有名になって仕事が入るようになればかなりの額を稼ぐことはできるけれど、そういった例は稀である。以前ミュージシャンの友人が「(1仕事の報酬が)高校生のアルバイトよりも少ない」と言っていたので、コンスタントに稼ぎ続けても平均年収は300万円未満と予想できる。アルバイトでそれだけ稼げば社会保険に加入できるので、保障の面でミュージシャンはアルバイトにも劣っている、ということになる。

さらに大多数のミュージシャンは、継続して仕事を獲得できないのが現状だ。そのため、ミュージシャン業とは別に「副業」をしなければ暮らしていけない。「ミュージシャン業で月5万、その他アルバイトで月10万」みたいに、どっちが副業かわかったもんじゃない、というミュージシャンも珍しくない(むしろ、大半を占めているだろう)。ある程度稼げるようになってからも、「いつ仕事がなくなってもおかしくない」という不安要素はなくならないため、副業を続ける人も多い。

櫻井は音楽講師として働いているけれど、それ1本では不安定のため、コンビニでアルバイトをしている。1年目は1:3くらいの割合でコンビニの稼ぎが多かったけれど、今は1:5くらいの割合で講師業の方が稼げるようになった。今の4倍稼ぐのが今後の課題である。しかし物理的な問題で、どう頑張っても2倍くらいしか稼げない、という見通しも立っているため、もうしばらく副業を続けなければならないだろう。

こういう話をすると、周りのミュージシャンから「夢を壊すな」とか「そういう汚い話を公にするな」という具合に反感を買うことがある。櫻井は「ミュージシャンの仕事は輝きで満ちている」みたいな幻想を与える方が夢を壊していると思うし、「お金=汚い」という認識がそもそも間違っていると考えている。お金のことを考える時、まず考えなければならないのは出資者である消費者のことだ。「相手は何を求めているか」「そのニーズに応えるため、取るべき方法は何か」という風に相手中心の考え方になる。一方、「音楽の楽しさを伝えたい」とか「音楽で感動させたい」というような理由は、独りよがりな願望である。どちらも主語が「私は」であることからもそれがわかる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA