ミュージシャンと楽器と音楽の関係

Pocket

 昔、バンドのギタリストがギターを買う前の話。買うならレスポール、というのは決まっていたのだけど、ひとえにレスポールと言っても色んな種類がある。結局、見た目が良いやつにしよう、ということでギター雑誌をめくると、抜きん出て格好良い一本のレスポールがあったそうだ。「これしかない!」、そう思った彼は値段を見た。「うわ、2,000,000(二百万)かよ! いくらなんでもこりゃ無理だわ」。落胆する彼に、ヴォーカリストは言った。「よく見ろ。200,000,000(二億)だ」。

 というわけで、楽器の話。ミュージシャンがミュージシャンたるのは、楽器のおかげである。楽器を使わないミュージシャンは存在しない。ゆえに、楽器がなければミュージシャンは存在しないと言える。普通の人からすれば「楽器に何十万も払うなんてどうかしている」と思うかもしれないけれど、楽器はミュージシャンの存在を証明するものであり、そこに重きを置くのは至極当然のことである。

 しかし、楽器の重要性以上に大切なことがある。それは「なぜミュージシャンは存在するのか」である。当然、音楽を創るためだ。誰でもわかる当たり前のことだけれど、実はミュージシャン自身が理解していないことが非常に多い。一番よくあるのは「あの楽器がないと、この音楽はできない」と、音楽ができない理由を楽器の責任にするパターンである。楽器はミュージシャンの存在証明であっても、ミュージシャンそのものではない。楽器だけでは音楽を創れないことからわかるように、音楽を創るという点においては、ミュージシャンが全責任を負わなければならない。

 僕が専門学校で教わったことの中で、特に心に残っているのが、ドラムの先生に注意された「セッティング中に音を出すな」ということ。ドラムセットに座った瞬間からミュージシャンの責務は始まっており、無駄な音、安い音は絶対に出すな、と何度も厳しく言われた。まったくもってその通りだと思う。音を出す、すなわち音楽を創るというのはミュージシャンの最大の特権であり、最大の責任なのだ。それを楽器に責任転嫁してはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA