ミステリーのルール

多くの場合、殺人事件が起こるので、サスペンスやホラーと混同されやすいのですが、いわゆる「推理もの」と呼ばれる物語のジャンルのことです。単に「謎の提示と謎の解決」だけでは、物語のジャンルというより「ミステリー風」と表現されることが多いです。厳密なミステリーにはいくつかルールがあり、有名な「ノックスの十戒」には「探偵は、偶然や第六感によって事件を解決してはならない」「探偵は読者に提示していない手がかりによって解決してはならない」といったルールが設けられています。

しかし、このノックスの十戒は1928年という古い時代のルールであり、現在では10個すべてを守ったミステリーの方が少なくなっています。世界で最初の推理小説と呼ばれるエドガー・アラン・ポーの『モルグ街の殺人(1841年)』ですら、この十戒を守れていません。では、現代でも通じるミステリーのルールとは何か、僕なりに考えてみました。

○謎が物語の主題として提示されること

ただ事件が起きるだけではミステリーになりません。「誰が(フーダニット)」「どうやって(ハウダニット)」「どうして(ホワイダニット)」というような疑問(謎)が読者(視聴者)に提示されなければなりません。事件は殺人に限られたものではありませんが、何らかの犯罪性を持ったものが望ましいとされています。つまり、「櫻井ティモの前に突如として現れた謎の少女の正体とは?!」程度の事件では、誰の迷惑にもなっていないでミステリーとは言いにくくなります。しかし、「櫻井ティモが突如として少女になった?!」であれば「誰が何の目的でどうやって」という謎が提示されていますし、櫻井ティモに対する傷害罪と名誉毀損罪が発生しているため、条件は満たしています(櫻井ティモ当人が公然わいせつ罪になりそうですが)。

○探偵役・助手役が登場すること

意外とこれが「ミステリー」と「ミステリー風」の最大の違いかもしれません。探偵役は謎を解決する人のこと、助手役は探偵役に疑問を投げかける人のことです。探偵役は実際に探偵職である場合が多いですが、職種は様々です。物理学者でも良いですし、身体が縮んだ小学生でも可能です。助手役は何人いても構いませんが、探偵役は1人であることが望ましいとされています。重要なのは、「探偵役ひとりで謎を解決してはならない」、つまり、「探偵役の自問自答ではミステリーにならない」ということです。



○謎を解く手がかりが提示されること

いわゆるヒントになる情報のことです。「現場に残されていた凶器」のような明確なものや、「Aさん(見た目は女性)のトイレ使用後は便座が上がったまま」というさりげない情報などが挙げられますが、「探偵役が推理を披露する前に提示されること」が条件となります。読者をあえて間違った推理へと導くミスリードと呼ばれる手法もありますが、いずれの情報も、論理的矛盾が生じてはならないことが重要です(次項参照)。

○すべての登場人物が各々論理的思考に基づいて行動していること

論理的思考とは、「理に適った、筋の通った考え方」のことです。論理的であるかどうかの判断は登場人物自身に委ねられ、現実的である必要はありません。ただ、「あいつが私にハンガーをぶつけたから殺してやったのよ!」みたいな突飛な思考では、読者の共感を得られないでしょう。一般的に「良いミステリィ」と評価されるのは、謎の派手さよりも、この論理性が優れているかどうかで決まります。

○謎が解決されること

提示された謎に対し、探偵役が推理を披露し、疑問を解消する機会を設けることです。あくまで「謎の解決」であって、「事件の解決」ではありません。最低でも「誰が」「どうやって」「どうして」は解決されなければなりません。ちなみに、この3つの中で最も解決しにくいのは「どうして」で、謎が派手になればなるほど解決の難易度が上がります。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。






開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!




※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。