ミステリィのルール

Pocket

多くの場合、殺人事件が起こるので、サスペンスやホラーと混同されやすいが、いわゆる「推理もの」と呼ばれる物語のジャンル。単に「謎の提示と謎の解決」だけでは、物語のジャンルというより「ミステリィ風」と表現されることが多い。厳密なミステリィにはいくつかルールがあって、例えば有名な「ノックスの十戒」には「探偵は、偶然や第六感によって事件を解決してはならない」「探偵は読者に提示していない手がかりによって解決してはならない」といったルールが設けられている。

しかし、この「ノックスの十戒」は1928年という古い時代のルールであり、現在では10個すべてを守ったミステリィの方が少ないだろう。さらに言えば、世界で最初の推理小説と呼ばれるエドガー・アラン・ポーの「モルグ街の殺人(1841年)」ですら、この十戒を守れていない。では、現代でも通じる「ミステリィのルール」とは何か、櫻井なり考えてみた。

○謎が物語の主題として提示されること

ただ事件が起きるだけではミステリィにはならない。「誰が(フーダニット)」「どうやって(ハウダニット)」「どうして(ホワイダニット)」というような疑問=謎が読者(視聴者)に提示されなければならない。事件は殺人に限られたものではないが、何らかの犯罪性を持ったものが望ましい。つまり、「ティモの前に突如として現れた謎の少女の正体とは?!」程度の事件では誰の迷惑にもなっていないで、ミステリィにならない。「ティモが突如として少女になった?!」なら「誰が何の目的でどうやって」という謎が提示されているし、ティモに対する傷害罪と名誉毀損罪が発生する可能性があるので、条件は満たしている(ティモ当人が公然わいせつ罪になりそうだけど)。

○探偵役・助手役が登場すること

これが意外と「ミステリィ」と「ミステリィ風」の最大の違いかもしれない。探偵役は「謎を解決する人」のこと、助手役は「探偵役に疑問を投げかける人」のこと。探偵役は実際に探偵職である場合が多いが、職種は問わない。物理学者でも良いし、身体が縮んだ頭脳は大人の小学生でも可。助手役は何人いても構わないが、探偵役はひとりであるのが望ましい。重要なのは、「探偵役ひとりで謎を解決してはならない」、つまり、「探偵役の自問自答ではミステリィにならない」ということ。

○謎を解く手がかりが提示されること

いわゆる「ヒント」になる情報のこと。「現場に残されていた凶器」のような明確なものから、「Aさん(見た目は女性)のトイレ使用後は便座が上がったまま」というさりげない情報でも良いが、「探偵役が推理を披露する前に提示されること」が条件である。読者をあえて間違った推理へと導く「ミスリード」と呼ばれる手法もあるが、いずれの情報も、論理的矛盾が生じてはならない(次項参照)。

○すべての登場人物が各々論理的思考に基づいて行動していること

論理的思考とは、「理に適った、筋の通った考え方」のこと。論理的であるかどうかの判断は登場人物自身に委ねられ、現実的である必要はないが、「あいつが私にハンガーをぶつけたから殺してやったのよ!」みたいな突飛な思考だと、読者の共感を得られない可能性が高い。一般的に「良いミステリィ」と評価されるのは、謎の派手さよりも、この論理性が優れているかどうかで決まると言っていい。

○謎が解決されること

提示された謎に対し、探偵役が推理を披露し、疑問を解消する機会を設けること。飽くまで「謎の解決」であり、「事件の解決」ではない。最低でも「誰が」「どうやって」「どうして」は解決されなければならない。ちなみに、この3つの中で最も解決しにくいのは「どうして」であり、謎が派手になればなるほど解決の難易度が上がる。

櫻井は大のミステリィ好きで、国内外問わず色んなミステリィ作品を見てきたけれど、実は上記の条件を満たす「ミステリィ漫画」に出会ったことがない。著しく論理性に欠けていたり、「どうして」という謎が解決されないまま話が終わってしまうことが多々ある。主人公は物凄い音痴なのに絶対音感を持ってて声だけで電話をかけたり、完璧な物的証拠が挙がっているのに「あの密室トリックが解かれない限り私を逮捕することは不可能よ!」と言い出す犯人が出てくる作品まである。まあでも、コメディとして読めば面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA