ドラムは運動になるのか

Pocket

健康診断や健康番組のアンケートで「週にどれくらい運動していますか」という設問が出される時がある。日常的に運動しているかどうかを訊ねているのだろうけれど、こういった場合、ドラムの演奏は運動に含めていいのだろうか。

ドラムは両手両足を使って演奏するため、全身運動である。ひいては、呼吸をしながら演奏するので有酸素運動だ。お年を召された方の中には「運動がわりに」という理由でドラムを演奏していらっしゃる人もいる。おまけに、リズム楽器という性質上、音楽的要素よりも運動的要素が強い(参考『リズムだけで音楽は成立するのか』)。こうして見ると、ドラムは楽器ではなくトレーニング・マシーンなのではないか。つまりドラマーは、アスリート並みに身体を鍛えているわけだ。

ただ、「どこまでの運動を、運動とみなすか」という定義の問題はある。息を吸って吐く、これも運動だ。しかし、呼吸を運動に含めてしまうと、この世の誰もがアスリートになってしまう。徒歩(ウォーキング)は運動に含まれるようだけど、歩いている人はみんなアスリートなのだろうか。この辺の基準が曖昧なので、ドラムが運動なのかどうか判断に困るのである。なおドラムの演奏は、歩く以上の筋力を使わない(参考『フォーム』)。

運動の定義を「汗を拭くか否か」にしたらどうだろう。ただ歩いているだけでは、拭かなければならないような汗はかかない。ドラムの演奏も、玉の汗をかくほど動いていればスポーツの一種とみなしても良いのではないか。ただこの場合、夏はじっとしているだけでも運動になってしまうし、水泳は運動でないと見なされてしまう。うーん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA