テレビに出ている有名人と友だちになれる3つの方法

Pocket

単に「有名人」だけだと漠然としているため、「テレビに出ている」と限定しましたが、今の時代、テレビに出たところで有名人と呼べるのだろうか、という一抹の不安を覚えています。まずは、何をもってして有名人を友だちと呼べるかどうか定義しましょう。細かい点に目をつむれば、「お互い顔見知りであること」「プライベートの時間を共有できること」、この2つを満たしていれば友人関係は成り立ちます。「それじゃあ一番の友だちは親や兄弟ってことになってしまうじゃないか」と思う方もいると思いますが、その通りです。友人関係なくして家族は成り立たないでしょう。逆を言えば、血が繋がっていたとしても、プライベートの時間を共有できていない家族は家族と呼べない、と言えます。

巷では「会いに行けるアイドル」みたいなビジネスも流行っているそうで、今は有名人と顔見知りになるのは難しくなくなった時代になりました。難しいのはプライベートの時間を共有することで、いくらCDを大量に買っても、万に一つも叶いません。不特定多数の人間が同じことをやっているので、手法自体にも問題があるでしょう。もう少し限定的で、確実な手段を執る必要があるわけです。

○その1 有名人と関わりのある職種に就くこと

たとえば前述のアイドルの場合、同じアイドル・グループに所属すれば、かなり親密な関係を築けます。「憧れの人」というギャップを「仕事の同僚」まで縮めるわけです。同じグループは無理でも、マネージャ、プロデューサー、アシスタントなど、有名人と関われる職種は多くあります。ただし、関わりの薄い職種や役職に就いてもギャップは縮まらないので、切磋琢磨して仕事のレベルを上げることが必至になります。時間はかかるが、一番確実な方法でしょう。

○その2 有名人の友だちと友だちになること

自分と有名人に繋がりがなかったとしても、自分の友だちが有名人の友だちである可能性はあります。いわゆる「コネ」を使って、紹介してもらうわけです。第3者が介入することで、自分から直接有名人にアプローチする手間が省けます。問題は、その友だちと有名人の親密度に全てがかかっているため、自分にはどうしようもないこと。ほとんど運任せになります。

○その3 自分の友だちを有名人にすること

あと出しジャンケンのようで少々荒業だけれど、不可能な話ではありません。その1とその2の複合技とも言えます。この手法の優れている点は、たとえ友だちが有名人にならなかったとしても友情が残ることです。しかし、「有名人と友だちになりたい!」と言う人の大半の目的は、友情ではなく有名人自体であるため、不服かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA