スランプ

Pocket

「今スランプってるわー」というようなことを口にするミュージシャンが、櫻井の周りには多い。スポーツや芸術の分野で用いられることが多く、音楽も例外ではないのだけれど、櫻井自身はスランプになったことがない。というか、何をもってスランプというのか、よくわかっていない。辞書には「心身の調子が一時的に不振になっている状態。また、実力が発揮できず、成績などが一時的に落ち込んでいる状態」と書いてあるけれど、心身の調子が悪いのは、単なる体調不良ではないのか、と思うし、実力を発揮できない、という状態は実力の内に含まれないのか、という点も疑問である。

話を聞いた感じでは、「いやーほんまはもっとできるんやで。せやけど、なんでか知らんけど今、スランプやねん。しゃーないやろ?」と、「原因不明の不調により、結果が出せませんが、私の責任ではありません」というような意味で使っている人がほとんどだった。たぶん、好きな四字熟語を聞いたら全員「盛者必衰」と答えるに違いない。人生楽ありゃ苦もあるんだから、スランプになるくらい普通普通、ということらしい。「スランプは魔物」と言っている人もいた。要するに、彼らにとってスランプとは、「避けて通ることのできないもの」のことらしい。繰り返すが、櫻井はスランプになったことがない。不調には必ず原因があるし、結果が出せないのは紛れもなく自分の責任である。この辺の認識の差が、スランプの有無を生んでいるのでは、と思っている。つまり、勘違いや気のせい、あるいは気の迷い、といったものに類する、ということ。そういう意味では、確かにスランプは魔物である。

ただ、過去の結果と比べて成果が出ていない時に、他人から「スランプだね」と評価されるのは仕方ないことかもしれない。その人はあなたの状態をよくわかっていない人だし、スランプを魔物だと思っている人だろうから、見つめると睨むの中間くらいの視線で微笑んでいればよろしい。この対応は「今スランプってるわー」と言っている人に対しても使える。覚えておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA