ストレスを感じやすい8つの考え方

Pocket

心理士の友人がストレスについて講習をするらしく、資料を作っていた時の話。良いイラストが見つかったそうなのだけれど、どうやら「そのまま使ったら著作権に引っかかるのでは」と危惧しているようだった。資料の最後に引用をつければ問題ない気もするけれど、櫻井も著作権にうといので、滅多なことは言えない。

そこで、「櫻井が模写したイラストを使えば良いのでは?」と思い立って何枚か描いた。当然、使われなかったのだけれど、せっかく描いたのだし、ブログのネタにすることにした。テーマはタイトルにも書いた「ストレスを感じやすい8つの考え方」である。なお、説明部分は引用ではなく、資料と友人の話を元に櫻井が書いたものである。あらかじめご了承ください。

○白か黒で割り切る
いわゆる「完璧主義」で、自分はもちろん、周囲にも完璧を要求するタイプ。

○なんでも自分のせい
自分とは無関係の事象も、自分の責任であると考えるタイプ。

○せなあかん思考
「〜すべき」といった固定観念に縛られるタイプ。

○ネガティブ・フィルター
良い面を見ず、悪い面ばかりに焦点を当てるタイプ。

○ラベリング
悪い意味で「〜は〜である」と決めつけるタイプ。

○思考の飛躍
根拠のない悲観を信じこんでしまうタイプ。

○拡大解釈・過小評価
悪い面を大げさに考えたり、良い面を小さくとらえたりするタイプ。

○過剰な一般化
たった1度の失敗でも「いつも失敗する」と考えてしまうタイプ。

以上、これらの考え方を避ければストレスは軽減される、ということらしい。ちなみに櫻井は8つ全てに当てはまった。なかなかストレスフルな人生を送っていると言える。

しかし、ストレスは本当に悪いものなのだろうか。鉄が打たれて強くなるように、忍耐によって品性が磨かれるように(ローマ5:4)、ストレスがなければ得られないものは必ずある。大切なのはストレスをなくすことではなく、ストレスとうまくと向き合うことなのではないか。

【引用】
『「悩みは、がまんするしかないのかな?」こころの健康副読本編集委員会』
https://psycience.com/
※櫻井が模写したイラストは以前のバージョンのもので、現在は公開されていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA