サブ楽器

Pocket

先日、同じビッグバンドに所属するトランペッターと、「サキソフォニストは、フルートへの持ち替えができる人が多い」という話になった。メイン楽器とは別の、いわゆる「サブ楽器」である。言われてみれば確かに、持ち替えはできなくともフルートを所持しているサキソフォニストは多い。アルトからテナーへとか、クラリネットへの持ち替えならば、同じ木管の縦笛だし、構造上持ち替えしやすいんだろうなあ、と予想できる。しかし、フルートは同じ木管でも横笛だし、サックスのようにリードを振動させるわけでもないのに、どうしてサブ楽器として定着しているのだろう。小型で携帯しやすい上、比較的安価な楽器だからかだろうか。

「トランペッターはフリューゲルホルンくらいしか持ち替えができない」とのことだけれど、ボーカルをサブで務めるトランペッターをよく見かける。歌は息を使う楽器なので、管楽器ならどれも近い感覚だとは思うのだけれど、これも不思議とトランペッターに集中している。ちなみにボーカリストのサブ楽器は、ピアノが圧倒的に多い。「ピアノが弾けないボーカリストはプロとしてやっていけない」なんて話もよく聞くけれど、どうしてピアノに限定されるのだろう。「歌と一緒に演奏できるため、単独でパフォーマンスが可能になる」というメリットはあるけれど、それならギターでも良いような気がする。

ピアニストは、恐らく最もサブ楽器のレパートリィに富んだミュージシャンであると思う。1ステージの間に、キーボード、ギター、トランペット、ボーカル(コーラス)を兼ねるピアニスト、というのも珍しくない。ギターとベースは同じような構造をしているけれど、ベースに持ち替えるギタリスト、ギターに持ち替えるベーシストというのは、思ったよりもずっと少ない。これは、ベースという楽器が、音楽の中である種の「絶対的な地位」のようなものを築いているためだろう。いないと成り立たないし、ふたりでは多すぎる。そういう理由もあって、ベーシストがサブ楽器に選ぶのは、ほぼ必ずと言っていいほど、低音楽器である。

ドラマーのサブ楽器は、コンガ、ボンゴ、カホンなどのパーカッションがよく挙げられる。同じ打楽器だし、「ドラムが叩けるならパーカッションも普通に叩けるでしょ?」とよく思われるのだけれど、同じ打楽器でもあれらは別次元の楽器だと櫻井は思う。「パーカッションが叩けないドラマー」というのは思いの外いる。逆に、「ドラムが叩けないパーカッショニスト」は皆無と言っていい。同じ打楽器の分野なのに、不思議だ。

ドラムをサブ楽器にしているミュージシャンは、音楽的要素より、パフォーマンス的要素で演奏している場合がほとんどだ。そのため、ちょっとくらい下手に叩いても大抵許されてしまう。ドラムなんて世界で一番簡単な楽器だと思うのだけれど、それを音楽的に成立させられるミュージシャンは、ドラマーだけなのだ。これも不思議である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA