コーヒーを飲むメリット、デメリット

Pocket

櫻井は普段からコーヒーを飲む習慣があり、だいたい1日に1リットルくらい飲んでいる。こまめに飲んでいると言うより、1回に飲む量が多いのだ(およそ500ml/1杯)。砂糖の類は入れていない(というか、砂糖を入れたものをコーヒーと認めていない)。もともと小学生の時に「コーヒーを飲んでいる俺、大人」みたいなイメージを狙って飲み始めたのだけど、大人になった今は「睡眠不足対策」として飲んでいる。

コーヒーのメリットだと思っていた「大人のイメージ」だけれど、実際に「きゃあ、大人!」と言われたことはない。中毒症状がある(日中、強烈な睡魔に襲われる)ので、大人は大人でも「駄目な大人」の例であるような気がする。「睡眠不足対策」に関しても、はじめのうちは効いていたような気もするけれど、カフェインに耐性がついたのか、寝る前に飲んでも熟睡できる身体になった。

デメリットには「歯のくすみ」がある。ステパノ、みたいな名前の成分が歯に付着するらしい。歯医者に行って歯石除去してもらえば改善するけれど、1回3,000円前後と馬鹿にできない金額がかかるし、時間もかかる。また、食べ物に詳しい友人いわく「身体を冷やす効果」もあるそうだ。理屈はよく知らない。「ホットコーヒーだから問題ないだろう」と言ったら「そういう問題じゃない」らしい。

一番のデメリットは「胃が荒れること」だろう。櫻井は昔から口内炎になりやすく、油っぽい食事をとると必ず口内炎になる。口を傷つけているわけではなく、胃からくるものだ。これまで「そういう体質」とか「心因性(口内炎になりやすい、と思い込んでいる)」と思っていたのだけれど、よくよく考えてみればコーヒーが原因である気がする。

そういった事情もあり、最近はコーヒーではなく紅茶を飲むようにしている。紅茶にもカフェインは含まれているが、1杯あたりのカフェイン量はコーヒーの半分以下だそうだ。こうして健康を気遣うあたり、歳を取ったな、と感じる。そのうち白湯でも飲み始めるのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA