オーケストレーション

Pocket

音楽を演奏、制作する場において用いられる音楽用語で、「オーケストレーション」は名詞、「オーケストレート」で動詞になります。日本語では「管弦楽(編曲)法、組織化、調整」と訳せますが、最も近い言葉は「調和」「調和をとる」だと思います。日本で「調和が欲しい」「調和をとってくれ」と使うのは、主に人間関係においてですが、英語圏では音楽の分野において頻繁に用いられます。

たとえば、ライド・シンバルとハイハットだけでタイムキープしているドラムに対し、「もっとオーケストレーションが欲しい」「もっとオーケストレートしてくれ」という風に用います。この場合、スネアやタムを使ったコンピングや、ダイナミクスをつけるなどすればオーケストレーションを得られます。音を加えることによって調和を取るわけです。

他の例では、作曲において、適切な音域で適切な楽器が鳴っていると「オーケストレーションがよくとれている」と評価されます。ベース・ソロの時に、ピアノが低い音域でバンプを演奏すると、音域がぶつかってしまうため、オーケストレーションがとれていない状態になります。この場合は、バンプの音域を上げたり、別の楽器でバンプしたりすることが対処法に挙げられますが、「バンプをしない」「バンプを減らして短くする」といった削る行為もオーケストレーションに含まれます。

この辺のややこしさが、オーケストレーションを日本語に訳しにくくしている原因なのでしょう。「なんとなく、いい雰囲気で」という抽象的な表現が一番適切な訳し方かもしれません。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA