賜物と才能の違い

Pocket

神様から与えられた素質を「賜物(たまもの)」という。「才能」とほとんど同義だが、才能は「自分の能力」であることに対し、賜物は「授かりもの」という扱いになる。才能が「アビリティ(ability) 」、賜物が「ギフト(gift) 」と、英訳するとわかりやすい。たとえば、あなたが卓越した演奏技術を持っていたとして、それを自分の能力として扱うなら才能になるし、神様から与えられたものと考えるなら賜物になる。どちらも卓越した演奏技術には違いないので、客観的に見れば単なる考え方・捉え方の違いのように思えるが、主観では大きく差がある。

聖書を読んでいて気がついたのだけれど、賜物は「用いる」「生かす」「受ける」「求める」「得る」ことはあるが(1ペテロ4:10)、才能のように「育てる」ことはない。たぶん、神様から与えられる才能とは、育てるまでもなく完璧なものだろう。しかも、欲しい賜物は熱心に求めれば与えられるし、1人1つなんてケチなことは言わず好きなだけ持てる。神様は太っ腹なのである。

ただ、受け取った賜物は神様のために用いないと取り上げられてしまう(マタイ25:14-)。「天才ハッカー集団が政府にサイバーテロ」みたいな悪用はできないし、使わずに腐らせることもできない。悪の才能はあっても、悪の賜物は存在しないのである。こういうところからも、賜物が神様のものであることが伺える。言ってみればレンタルされた才能であって、自分の所有物というわけではないのだ。

また、才能による成功は自分の栄光になるが、賜物によって成功した場合、その栄光は神様のものになる。自分は与えられた賜物を使っただけで、結果を出したのは神様である、というわけだ。海外のスポーツ選手が結果を出した時に十字を切ったり手を組んだりしているけれど、これらは神様への感謝を表しつつ、得た結果を神様へ還元しているのである。

櫻井はドラムの才能もないし、音楽講師の才能もないけれど、賜物は与えられたと思う。楽器演奏も人付き合いもとびきり不器用なのに、今こうしてドラム講師をやっていられるのは奇跡としか言いようがない。自分の才能がもたらした結果ではなく、自分の内にある神様の賜物によって引き起こされた結果なのだと、櫻井は信じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA