訛り

Pocket

両親共に西日本出身の人たちだったので、日常的に「訛り」を聞いてはいたけれど、幼少期を関東で育った櫻井にとって、方言はある種の他言語だと言える。例えば、自分では関西弁を喋っているつもりでも、現地の関西人(ネイティヴ・ウェスト・ジャパニーズ)からしてみると、もう全然違うらしい。櫻井の場合、単語のチョイスは比較的まともらしいけれど、アクセントがわざとらしく、大げさ過ぎるそうだ。耳で聞いたままに発音すれば良いものを、自分の中にある「関西弁のイメージ」が誇張して、下手な演技をしているように見えるのだろう。

英会話でも似たようなことがある。「My name is」を「ムァイヌェーミズ」と、舌を巻いて、さもネイティブっぽく言うより、「マイネームイズ」とカタカナっぽく言った方が通じることが多い。ちなみに「ティモ」の「ティ」は、カタカナで発音すると英語圏の人には「KI」の音に聞こえるようで、「よろしく、キモ!」と、間違ってはいるけれど否定できない、返答に困る事態によくなっていた。「テモ」と言った方が案外通じる。名前に「ティ」が付く人は是非活用してみよう。

ネイティブ関西人の方と話をしている中で、「1言で関西人を怒らせる最強のエセ関西弁」を1つ発見したので、ここに記す。「ほんまにおおきにありがとうやで」である。「ほんまに」の「ま」、「おおきに」の「き」、「ありがとうやで」の「とう」にわざとらしいアクセントが付く。譜面に直すと、こうだ。

ほんまに

この言葉の凄いところは、アクセントが酷いのもそうだけれど、感謝の意である「おおきに」と「ありがとう」が重複していたり、無意味に「やで」と語尾につけているところにある。標準語に直すと「本当にありがとうありがとうです」といったところか。あと語尾繋がりで、「まんがな」「でんがな」を無理矢理つけるのも効果的。京都方面なら「どすえ」がこれにあたる。

関西弁を中心に書いてきたけれど、同じ関西でも、例えば大阪・京都・兵庫では訛り方が違うし、もっと言えば、大阪府内でも東と西で訛り方が異なる。友人に「播州弁」という、日本一厳つい日本語のネイティブ・スピーカーがいて、「関東人の喧嘩とか見てると(言葉が幼稚で)わろけてしまうわ」と鼻で笑っていた。こわいでしかし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA