苦手分野の中にある例外

RPGからアクション、格闘ゲーム、音楽ゲームまで、あらゆるジャンルのゲームをやってきましたが、スポーツゲームだけはほとんどやったことがありません。友人宅で触らせてもらったことはありますが、何が面白いのかさっぱりわかりませんでした。そもそもルールを知らないので、ルールを知っている前提で進むゲームについていけなかったのです。

テニス部だったのでテニスのルールは知っていましたが、テニスゲームでも全然勝てた試しがありません。まず球を追えませんし、追いついても明後日の方向へ打ってしまいます。現実世界の僕がそのまま反映されているため、「どうしてゲームの中でも嫌な思いせにゃならんのだ」と憤ってやめてしまいました。

唯一の例外は、ゴルフゲームです。僕は現実でゴルフをやったことがない(ゴルフクラブすら握ったことがない)のですが、もともと「ボールを穴に入れる」というシンプルなルールであるため、とっつきやすかったのでしょう。それに、スポーツゲームを銘打っているわりに内容はほとんど音楽ゲームと同じでした。

小中学生のころはアニメをよく見ていましたが、ロボットアニメはほとんど見たことがありません。ガンダムとかガオガイガーとか、名前くらいは知っているのですが、ストーリーは全然知りません。最近友人の勧めでエヴァンゲリオンを見ましたが、「ロボットのシーンはいらないな」が正直な感想です。

★オススメ ライブ




ただ、『THEビッグオー』だけは例外で、深夜アニメにも関わらず、毎週のように見ていました。調べたら1999年10月に放映されていたようなので、僕は小学6年生です。当時はどうしてハマっていたのかわからなかったのですが、しばらくして全話見直した時に気がつきました。BGMがジャズだったのです。

たぶん僕は、昔から音楽に惹かれているのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


上部へスクロール