苦手なもの

Pocket

「あなたの嫌いなものを3つ挙げてください」という問いに、「飛んでいる虫」と答えている人がいた。飛んでいなければ虫を許容できるとは、なんと寛容な人なのだろう。「満員の通勤電車」と答えている人もいたが、「満員の通勤電車が嫌いでない」という人は極々わずかだから、わざわざ答える必要があったのかどうか疑問は残る。アンケートをとる側としても、「大部分の人に受け入れられているものだけれど、個人的には苦手」というものを挙げてくれる方が記事になって嬉しいのでは。

○櫻井の場合

櫻井は、鳥山明の絵が苦手である。『ドラゴンボール』や『Dr. スランプ』で知られる世界的な漫画家であるが、彼の作品は1度も読んだことがない。テレビで夕方に放映されていたアニメを、幼少の頃に何度か見たことはある程度だ。どうしても「絵がうるさい」という印象を受けてしまい、忌避してしまう。そんな櫻井でさえ主要キャラクターの名前は覚えているので、大変知名度のある作品であることが推し量れる。ちなみに、同じ理由でゲーム『ドラゴンクエスト』や『クロノ・トリガー』もプレイしたことがない。

○なぜ苦手になるのか

また、妻とクイズで戦争するのが日課なのだけれど、特に正答率が低いのがスポーツ問題である。専門用語はおろか、ルールを知らない競技がほとんどで、国民的球技である野球やサッカーでさえよくわかっていない。よく出題されるのは選手の名前だけれど、関心がないから覚える気も起きない。たぶん、櫻井がもう少し器用で、人並みに運動神経があれば苦手意識も薄れたのではないか。なお、妻は櫻井以上にスポーツに興味がない。張り合う相手がいないのも、関心が持てない理由かもしれない。

○苦手なものの共通点

こと音楽に関しては、明るくないジャンルはあっても苦手なジャンルはない。クラシック、ヒップホップ、テクノ、アニソン、演歌、どれも分け隔てなく好きである。強いて挙げるなら、騒がしいものは苦手かもしれない。一般的に「騒がしい音楽」というと、音量や音数の多いロックやメタルを指すけれど、櫻井にとっては必ずしもそうと限らない。静かなバラードでも、歌詞がうるさいと感じる曲がある。特にここ数年の邦楽曲はこの傾向が強く、あまり長く聞く気になれない。こう考えると、スポーツが苦手なのもうるさいのが原因かもしれない。静かに暮らしたいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA