未来の考察

Pocket

大学でジャズ音楽史、西洋音楽史、民族音楽史を勉強していて思うことが2つある。「歴史は繰り返される」ということと、もうひとつは「時代によって求められる音楽の形が変化する」ということ。例えばバブル全盛期だった1980年代の日本では、テクノ・ミュージックなどの人工的なシンセ・サウンドや、アップ・テンポな音楽が好まれたが、不況が始まった90年代になると、いわゆる「癒し系音楽」や、海の音、鳥のさえずりといった自然環境音楽が好んで聴かれるようになった。

近年の日本の音楽事情を考察すると、中田ヤスタカ氏のプロデュース作品や、初音ミクを筆頭としたボーカロイド作品などの電子音楽が求められており、また、80年代に活躍したバンド・グループの再結成が増えていることから、「バブル期への回帰」という傾向が見られる。

好景気とは言えない今の日本で、なぜこのような音楽が求められているのか。考えられる原因のひとつに、「便利な世の中になった」ということが挙げられる。携帯電話はメール、インターネットはおろか、ゲーム、音楽プレイヤー、更にGPSや電子マネーといった小型多機能端末「ケータイ」へと姿を変えた。オンラインショップは店頭と同じ、あるいはそれよりも安い値段で商品を買えるようになり、送料無料も珍しくなくなった。SNSを使った情報伝達は、TVや新聞の数倍早い。このような「技術の進歩」は、少なくとも90年代の頃よりも人々の心に余裕をもたらしており、その結果、バブル期にも似た活気に満ち溢れた音楽が求められるようになった、と考えることができる。

ここまで書いた「歴史の考察」は、ハッキリ言うと大して意味はない。10年後、あるいは40年後にも同じことができるからだ。それよりも今、この瞬間を生きている私たちにしかできないことがある。それは、「未来の考察」である。もちろん、未来はこれから作られていくものであり、あらかじめ決められているものではない。しかし、運転中ボールが道路に飛び出してきたら「子どもが追いかけて飛び出してくる」といった予測ができるように、「ボールが飛び出してきた」という現状を把握できれば、ある程度未来を推測することは可能である。

もっとも考察しやすい未来は、言うまでもなく「自分自身の未来」である。自分が今、どういう状況にいるのか、どうなりたいのか、どう行動したいのか、他の誰よりも理解しているはずだ。

恐縮ながら、櫻井の未来の考察を例に挙げる。現在の櫻井のドラムは手数が多く、変拍子フレーズやらメトリック・モデュレーションやら、テクニック寄りの演奏になっている。同級生からも「あいつは超絶技巧系だ」とか「派手な演奏が好きなんだね」といった評価を受けているが、実際のところ、櫻井は人一倍不器用で、手も上手く動かせないし、変拍子も苦手な分野である。好きか嫌いかで言えば、正直、嫌いなのだ。

しかし、社会に出てから「そういう演奏はできません、ごめんなさい」は通用しない、というのが櫻井の未来の考察である。櫻井は、テクニック系のドラマーになりたいとは思わないけれど、周りのニーズに応えられるようにはなりたいのだ。さらに、今年度の4回生は全体的にファンク・グルーヴを好む傾向にあるので、こっそり練習している。これもちょっとした未来の考察だ。

現状の把握と傾向の認識、それができれば未来は考察できる。そこに「自分はどうしたいのか」が加われば、自分の未来は決定的なものになる。そして、「自分はどうしたいのか」という言葉は「将来の夢」という言葉にも置き換えられる。だから櫻井は、声を大にして言いたい。「夢は必ず叶う」というのは綺麗事でもなんでもなくて、極めて現実的に考えられた未来の考察を元に成り立っているのだ、と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA