平成の二宮金治郎

Pocket

電車にまつわる思い出話をひとつ。

櫻井はほとんど埼玉育ちで、小・中学校は地元の公立校へ通っていたのだけど、高校からは都内の私立校へ通うようになり、高校卒業後も都内で働き始めた。そのため、20歳を過ぎて実家を出るまで、ほとんど毎日電車通学(通勤)をしていた。住んでいたのは埼玉の南の方なので、東京とさほど距離は離れていないのだけど、のろまな私鉄電車しか走っておらず、急行を乗り継いでも片道およそ1時間半かかっていた。日曜は東京を飛び越えて横浜にある教会へ通っていて、これは2時間以上かかる。

往復で3時間から4時間、何もしないにはあまりに勿体な過ぎる時間である。この時間を何とか有効活用できないものかと考えた。はじめに思いついたのは「睡眠」である。しかし、行きと帰りのラッシュの中で座れることは稀であり、ドア付近や吊り革に捕まっていれば立ったままでも眠れないこともないが、安眠は難しい。つぎに、学校の友人や職場の同僚の意見を聞いたところ、「携帯ゲーム機で遊ぶ」「動画やワンセグを携帯端末で見る」「漫画雑誌を読む」といった意見が挙がった。中でも「動画を見る」は、3時間あれば1日1本映画が観れる、と非常に魅力的な案であったが、動画を再生できる端末を持っていないし、そもそもどうやって動画をファイル形式にするのか知らなかった。ポータブルDVDプレイヤを買おうか、とも検討したが、当時の櫻井は絶望的にお金がなく、そんな贅沢は夢のまた夢だった。

そんな時、ふと「ショルダーバックを前に持って机代わりにすれば勉強できるのではないか?」と思いついて、いざやってるみると、これが意外とイケる。さすがに満員電車のドア付近では迷惑行為になるけれど、片手で身体を支えられればどんな場所でもノートがとれる。そういうわけで、さながら平成の二宮金治郎のごとく、電車内学習が始まったのでした。ちなみに勉強していたのは音楽理論と英語。どちらも完全に独学でゼロからのスタートだったけれど、音楽理論は専門学校入学前に基礎をマスターできたし、英語も留学できるくらいには上達した。

当時はそんなに苦しいとは思っていなかったけれど、今思うと、結構大変なことだったな、と正直自惚れてしまう。今同じことをやれ、と言われてもきっとできないだろう(しんどい)。確かに言えることは、若い時に苦しい思いをした分、後がすごく楽になった、ということ。そして何か行動を起こす際、今現在が自分の最も若い瞬間である、ということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA