名前の表記について

Pocket

自己紹介する時はいつも「ティモです」と言っているが、実を言うと、ティモというのは本名ではない(な、なんだってー?!) ティモというのは高校時代からのニックネームである。が、公的な書類などを除き本名を使う機会がほとんどないため、現在では本名よりもティモ名義の方が広まっていると思われる。たとえば、大学で何かの手続きを行なう場合、「あれ? 検索しても出てこないぞ?」と、いつも受付の人を困らせてしまう(コンピュータには本名で登録されているため)

なぜ本名ではなく、櫻井ティモ名義で活動しているか。ひとつは、同姓同名(しかも同音)の有名人が既にいるため、「将来、ホームページとか作った時に検索しづらいだろうなあ」という平凡な思惑のためである。現に、専門学校に入学する前は本名で活動していたのだけど、その頃の記録は埋もれてしまって見ることができない。この度のホームページ開設で、昔の思惑がようやく功を奏したわけである。

もうひとつは単純に、「目立つため」である。事の発端は専門学校時代、練習部屋を予約する際の掲示板の予約表だ。当然、通常は本名を書く(というか、規則でそう決まっている) のだけど、「みんなが見る掲示板で”ティモ”って書いてあれば、まず間違いなく覚えられる」という、一種のコマーシャル効果を狙ったものである。バカバカしいと思うかもしれないが、あながちバカにもできない、と櫻井は考えている。「活躍する」と「有名になる」というのはほとんど同義であり、「有名になる」というのは即ち、「名前を売る」ということである。もっとも、こちらはまだ功を奏していないように思われる。やはり、具体的な行動も伴わなければ意味がないのだろう。

最後に、ローマ字表記について。以前は”Timo SAKURAI”だったのだけど、ホームページ開設にあたって”SAKURAI Timo”に統一することにした(ただし、FacebookのアドレスのみTimo SAKURAIになっている。これはアドレスが一度しか変更できない、というFacebookの仕様に起因する) 姓が大文字なのは「アカデミックな論文を書く際は、ファミリー・ネームは大文字にする」という慣わしに従っているため。姓、名前の順で表記しているのは、そもそも芸名のようなものだし、名前を売るという目的なのだから、反転させる意味がないからである。細かく説明するとこうなるが、つまるところ、格好つけである。

しかし、これもまだ功は奏していない。功とは、奏するのに長い時間がかかるものである。そもそも功ってなんだ? 奏するってことは楽器なんだろうか……。長い時間がかかる、ということは、ドラムのような打楽器ではないだろうな、と空想にふける某ドラマーTであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA