初スネアの思い出

Pocket

先月、高校時代に初めて購入したスネア・ドラムを手放した。ヤマハ社のメイプル・カスタム・アブソリュートで、口径14インチ、深さ5.5インチ。ヌーヴォー・ラグであることを除けば、超がつくほど平均的なスペックだ。このスネアを購入したきっかけは、バンド・メンバーや周りの友人たちが器材を買っているのに釣られてしまった、というものである。いわゆる、衝動買いだ。基本的にあまり後悔はしないタイプだけれど、この買い物は賢くなかった、と今は思う。10年ほど使っていたが、最後の最後まで好みの音が出ることはなかった。正直、手放すことができてせいせいしている。

一番のきっかけは前述の通り、衝動買いだったけれど、もう1つ、「パーツによる音の違いを研究したかったから」という理由があった。たとえば、ダイカスト・フープとプレス・フープの違いを厳密に測るため、同一シェルでフープだけを取り替えて試奏する、といった行動は楽器店ではできない(実際頼んで断られた経験がある)。平均的なスペックを選んだのは、この理由が大きい。そのため、家にはスネアよりもパーツ類の方がずっと多い。スネアがもう1台買えるくらいの出資はしたけれど、これは実に良い買い物だった。すなわち、出資した額以上の経験と知識を得ることができた、という意味である。

やはり、感情的に決断するのではなく、しっかりした理由を考えた上で決断したものは、それなりに結果が得られる。失敗からもそれなりに学べることはある(今回の場合、メイプル・シェルが苦手とか、深胴のが好き、などの傾向を知ることができた)とはいえ、手痛い出費には違いない。これからスネアを買おう、と考えている人は、是非「10年後も使えるスネア」を根気よく探していただきたい。「10年後には好みが変わっているかもしれないじゃないか」と思うかもしれないが、櫻井の場合、この10年で好みが変わることはなかったし、考えるべきポイントは他にあると思う。

ちなみに、初めて買ったスネアは「イエロー・スパークル」という色で、これは当時組んでいたバンドの名前が黄色を連想させるものだったので、それに合わせて選んだものである。黄色なら何でもいいや、と段ボールを開けてビックリ。中から出てきたのは、見紛うことなき、ゴールデン・カラーだった。何かの間違いでは、と思ったが、黄色がラメ仕様になると、カタログに記載されているよりもずっとゴールデンになるようだ。写真には写らない美しさがあるから。金だ金だー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA