体調管理に必要な4つのコツ

Pocket

仕事をする上で欠かせないのが「体調管理」である。いくら良いパフォーマンスができる人でも、健康状態によってクオリティが下がってしまうようでは商品にならない。工場のマシンをメンテナンスするように、人間には怪我をしない、病気をしないといった工夫が求められる。

今回は、櫻井が普段の生活で気にかけている「体調管理のコツ」を4つ紹介する。すべて「〜をする」と新たな習慣を付け加えるものではなく、むしろ「〜をしない」と今ある習慣を削るものである。

◯夜更かし、2度寝をしない

具体的に言うと、「就寝時間と起床時間を固定する」である。忙しいからといって夜遅くまで起きていれば身体に負荷がかかり、体調を崩しやすい。逆もしかりで、休みの日だからといって寝過ぎるのも身体を壊す原因となりやすい。機械のように一定のサイクルで生きるわけだ。仕事が残っていても、眠れなくても時間になったら布団に入ること。「朝、起きられない」が許されるのは幼稚園児までである。

◯外食をしない

これも一定のサイクルを維持する行動の一環で、「いつもと違うものを食べない」ということ。いつもより多く量を食べたり、高カロリーな食事をとったりすれば内臓に負担がかかる。これは「こういったものを食べるな」と食事内容を制限しているのではなく、「普段と違うことをするな」と行動を制限しているに過ぎない。たとえば、毎日外食をしているなら、外食を制限する必要はない。ただ、外食は量や内容が変化しやすいので注意が必要だ。「酒」も同様である。

◯運動をしない

「健康のために運動を」という意見があるが、とんでもない危険行為である。「体力作りのためにジョギングをしている」と言って足をくじこうものなら本末転倒、身体も転倒である。天気が悪ければ風邪を引く可能性だってある。かといって「天気が悪いからやめておこう」とするのはサイクルを崩すことになる。初めから手を出さないのに越したことはないのだ。やるなら室内でできる筋トレ、ストレッチだけにしよう。

◯人に近づかない

いくら自分が気をつけていようと、他人の行動まで制限することはできない。人ごみに紛れればウィルスに感染するし、飲み会へ行けば否応無く外食させられる。カラオケは喉に悪い上に耳にも悪い。ボウリングなんてもってのほかだ。家でおとなしくしているに限る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA