ロックとは

Pocket

以前、ジャズ音楽の定義をしたことがあったけれど、ロック音楽の定義は難しい。一般的には「アメリカのリズム&ブルースやフォーク音楽を激しくしたもの」と定義されるけれど、この「激しく」というのが曖昧なのだ。音量を大きくする、音数を増やすといった音楽的な激しさにせよ、アーティストの主張や歌詞の過激さといった観念的な激しさにせよ、明確な基準がないのだ。仮に、「これこれこうまで激しかったらロックです」という基準を設けたところで、「そんな基準に従うなんてロックじゃない」と言われるのがオチである。「基準がないのが基準」というのが関の山だろう。

また、「激しさ」というのは人の感覚によるものであり、それゆえ個人差が大きく出る。例えば、「ロックのアーティストと言えば?」と街頭でアンケート取ったとする。ある人は「エルヴィス・プレスリー」と答えるだろう。ある人は「ビートルズ」と答えるだろうし、「矢沢永吉」「B’z」と答える人もいるだろう。櫻井なら「ジミ・ヘンドリックス」と答えると思う。今挙げたアーティストだけでも、てんでんバラバラである。強いて共通点を挙げれば、歌があること、男性であること、くらいだろう。この定義だとジャニス・ジョプリンはロックではない、ということになる。ギター主体の演奏形態であることが多いけれど、それだとリトル・リチャードはロックでありえない、ということになる。このように、一般的な価値観で定義しようとすればするほど泥沼化してしまうのだ。

演奏の場においても、「ロックに叩いて」と言われることがある。そうかロックか、と思いっきり叩くと「うるさい」と言われる。どういうこっちゃねん、と思いつつ試行錯誤するも、結局、ただ普通のいわゆる8ビートに落ち着いたりする。櫻井個人は「ドラムだけじゃなく、バンド全体でこの音量じゃロックにならないな」と思うのだけれど、それもやっぱり極々個人的なものであって、一般的なものではないのだろう。前にも言ったけれど、カテゴライズとは、知識のある人が知識のない人のために、ある程度指針を立てるために行なうものだ。しかし、ロック音楽とは知識、つまり頭で理解するものではなく、感覚的な要因が大きいため、カテゴライズしづらい、ということである。

ちなみに、櫻井が個人的にロックだ、と思うのは音量の他にもうひとつある。Blankey Jet Cityの浅井健一の言葉だけれど、「100回演奏して100回違うことするのがジャズ、100回演奏して100回同じことするのがロック」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA