ロックとは

以前、ジャズ音楽の定義をしたことがありましたが(参考『ケニーGで見る、ジャズ音楽の定義とカテゴライズの真意』)、ロック音楽の定義は難しいです。一般的には「アメリカのリズム&ブルースやフォーク音楽を激しくしたもの」と定義されますが、この「激しく」という部分が曖昧なのです。音量を大きくする、音数を増やすといった音楽的な激しさにせよ、アーティストの主張や歌詞の過激さといった観念的な激しさにせよ、明確な基準がありません。仮に、「これこれこうまで激しかったらロックです」という基準を設けたところで、「そんな基準に従うなんてロックじゃない!」と言われてしまいます。



「激しさ」というのは人の感覚によるものであり、それゆえ個人差が大きく出ます。たとえば、「ロックのアーティストと言えば?」と街頭でアンケート取ったとしましょう。ある人は「エルヴィス・プレスリー」と答えるでしょうし、「ビートルズ」、「矢沢永吉」「B’z」と答える方もいるでしょう。今挙げたアーティストだけでも、てんでんバラバラです。強いて共通点を挙げれば、「歌があること」「男性であること」くらいでしょう。この定義だとジャニス・ジョプリンはロックではない、ということになってしまいます。ギター主体の演奏形態であることが多いですが、それではリトル・リチャードはロックでありえない、ということになってしまいます。このように、一般的な価値観で定義しようとすればするほど泥沼化してしまうのです。

演奏の場においても、「ロックに叩いて」と言われることがあります。そうかロックか、と思いっきり叩くと「うるさい」と言われてしまいます。どういうこっちゃねん、と思いつつ試行錯誤するも、結局、普通の8ビートに落ち着くわけです。僕は「ドラムだけじゃなく、バンド全体で音量を上げなければロックにならない」と思っていますが、それも極々個人的なものであって、一般的なものではないわけです。前述の記事にも書いていますが、カテゴライズとは、知識のある人が知識のない人のために、ある程度指針を立てるために行なうものです。しかし、ロック音楽とは知識、つまり、頭で理解するものではなく、感覚的な要因が大きいためカテゴライズしづらいのです。



ちなみに、僕が個人的にロックだ、と思う要素は音量の他にもうひとつあります。Blankey Jet Cityの浅井健一氏の言葉で、「100回演奏して100回違うことするのがジャズ、100回演奏して100回同じことするのがロック」。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。






開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!




※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。