モニター・スピーカーの音量【前編】

Pocket

ホールやライブハウスなど、会場が広かったり音量が大きかったりする環境で演奏する場合、楽器の音はマイクを使って集音され、バランスを整えた上でスピーカーに出力されます。この時、スピーカーは観客に向けられているため、ステージにいるミュージシャンは集音された音を聞くことができません。ミュージシャンが周りの音を正確に把握するためには、ステージ側にもスピーカーを設置する必要があるわけです。このスピーカーを「モニター・スピーカー(以下、モニター)」といいます。

モニターの音量を調節できる小型のミキサーがミュージシャンの近くに設置される環境もありますが、大抵の場合、モニターの音量を調節するのはPAと呼ばれる音響担当です。ミュージシャンは、欲しい音をPAに頼んでモニターに出力してもらいます。ただ、場所によってモニターの音が客席に影響したり、他のミュージシャンの演奏を阻害したりすることもあるので、好き勝手に調節できるわけではありません。

ギタリスト(エレキギター)やドラマーによくある失敗が、「とりあえず全部(の楽器の音)欲しい」です。自分の音が大きくて周りの音が聞けていないのを、「モニターの音が小さい」と勘違いしてしまうのです。

ボーカリストに多い失敗は「もっと自分の音(声)が欲しい」です。ボーカリストはモニターなしでは自分の音を聞くことができないため、自分の音を欲しがるのは至極当然です。問題なのは、ボーカルの音を上げるべき環境なのかどうかを判別せず、一方的に欲求している場合です。

たとえば、「ピッチを取りやすくするため」という理由でピアノの音を大きく出しているボーカリストがいますが、ピアノがよく使う音域とボーカルの音域は非常に近いのです。過度にピアノの音を出していれば、かえってボーカルの音を聞こえ辛くさせてしまいます。また、スピーカーの向きや立ち位置によって、モニターの聞こえ方は大きく変わります。

では、どういった点に注意してモニターを調節してもらえば良いのでしょうか。次回へ続く。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA