フロア・タム

Pocket

ドラム・セットの中低域に位置するタムの一種で、本体についた3本の脚で床に直接セッティングすることから「フロア・タム」と名付けられた。通常のタムと比較すると口径は大きく、胴がとても深い。例えば、口径12インチのタムは深さ8インチを標準とし、深さ10インチのものを「深胴タム」、深さ12インチ(口径と同じ)になると「超深胴」と呼ばれることに対し、フロア・タムは口径16インチなら深さ16インチが標準となっている。つまり、同じタムであるのにフロア・タムは「超深胴がスタンダード」という、ちょっと変わったタムなのである。

タムの胴は深くなるほど低域が出る。楽器自体のサイズも大きくなるので音量も出る。ハード・ロックやメタルのドラマーで深胴・超深胴タムを使う人が多いのは、大音量のアンサンブルにも負けないパワーを要求されているからである。ジャズの分野でも、電子楽器が取り入れられた70~80年代(いわゆる電子ジャズ、フュージョンの時代)には深胴・超深胴タムが好んで使われていた。しかし、その時のフロア・タムはというと、ごく一部のメーカが口径より1インチ深い胴(例・口径16×深さ17)のタムを作っていたことを除けば、変わらずスタンダードなサイズを貫いているのである。

なぜ超深胴がフロア・タムのスタンダードになっているか。最大の原因は名前の由縁にもなた「床に直接セッティングするための3脚」にある、と櫻井は思う。例えば、床から打面までの高さを26インチとすると、口径16×深さ16のフロア・タムなら、三脚の長さが15インチもあれば余裕でセッティングできる。しかし、口径16×深さ12というサイズのフロア・タムがあったとすると、20インチ近い長さの3脚が必要で、しかもタム本体が床からかなり離れているため安定しない。逆もまた然りで、口径16×深さ20なんてサイズのフロア・タムは、よほど高身長のドラマーでない限り、セッティングに融通が利かない。要するに、音楽的にうんぬん、という理由ではなく、単にセッティングしやすい深さだから超深胴がフロア・タムの標準になった、というわけである。

胴が深いタムは良いことばかりではなく、大きな楽器を鳴らすにはやはりそれなりの力が演者にも要求され、噛み砕いた話、良い音を出すのに「手間がかかる」のだ。スネアでやってるフレーズを同じようにフロア・タムでやろうとすると、どえらい大変である(練習にはなるけれど)。多少の手間は仕方がないとはいえ、超深胴はやり過ぎだろ、ということで、近年では口径16インチに対して深さ14~15インチと、従来に比べて若干浅めの胴が人気を博している。また、深さではないけれど、ドラムセット全体に似たような傾向が見られる。以前はバスドラム口径22インチ、タム口径12インチと13インチ、フロア・タム口径16インチというのがスタンダードだったのに対し、現在のスタンダードはバス・ドラム口径20インチ、タム口径10インチと12インチ、フロア・タム口径14インチと、小口径化が進んでいる。楽器のサイズが小さければ演奏もしやすいし、値段も安い。一石二鳥なのだ。

最後にフロア・タム小噺。某有名メタル・ドラマーは口径16インチと18インチ、いわゆる「2フロア」のセッティングしているのだけれど、演奏に使うのは16インチだけで、18インチのフロア・タムは「コーヒー・テーブル」と呼び、タオルや飲み物を置くためにセッティングしていた。2フロアは「見た目が格好良い!」と人気のセッティングではあるけれど、使いこなすにはそれなりに技量が必要であり、タム2つ並べるのとは似て非なるものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA