フロアタム

ドラム・セットの中低域に位置するタムの一種で、本体についた3本の脚で床に直接セッティングすることから「フロアタム」と名付けられました。通常のタムと比較すると口径は大きく、胴がとても深いのが特徴です。たとえば、口径12インチのタムは深さ8インチを標準とし、深さ10インチのものを「深胴タム」、深さ12インチ(口径と同じ)になると「超深胴」と呼ばれることに対し、フロアタムは口径16インチなら深さ16インチが標準となっています。つまり、同じタムであるのにフロアタムは「超深胴がスタンダード」という、ちょっと変わったタムなんです。

タムの胴は深くなるほど低域が出ますし、楽器自体のサイズも大きくなるので音量も大きくなります。ハード・ロックやメタルのドラマーで深胴、超深胴タムを使う人が多いのは、大音量のアンサンブルにも負けないパワーを要求されているためです。ジャズの分野でも、電子楽器が取り入れられた70~80年代(いわゆる電子ジャズ、フュージョンの時代)には深胴、超深胴タムが使われることがありました。ごく一部のメーカーは口径より1インチ深い胴(例・口径16×深さ17)のフロアタムを作っていましたが、変わらずスタンダードなサイズを貫いているのです。

なぜ超深胴がフロアタムのスタンダードになっているのでしょうか。最大の原因は名前の由来でもある「床に直接セッティングするための三脚」にあります。たとえば、床から打面までの高さを26インチとすると、口径16インチ×深さ16インチのフロアタムであれば、三脚の長さが15インチもあれば余裕でセッティングできます。しかし、口径16インチ×深さ12インチというフロアタムでは、20インチ近い長さの三脚が必要で、しかもタム本体が床からかなり離れてしまい、安定しません。逆もまたしかりで、口径16インチ×深さ20インチというフロアタムでは、高身長のドラマーでないとセッティングに融通が利かないのです。音楽的にうんぬん、というより、セッティングしやすい深さだったので、超深胴がフロアタムの標準になった、というわけです。

胴が深いタムは良いことばかりではなく、大きな楽器を鳴らすにはそれなりの力がドラマーに要求されます。ようするに、良い音を出すのに手間がかかるのです。「多少の手間は仕方がないとはいえ、超深胴はやり過ぎだ」ということで、近年では口径16インチ×深さ14~15インチという、従来よりも若干浅めの胴が人気を集めています。また、深さではないですが、ドラム・セット全体に似たような傾向が見られます。以前はバスドラム口径22インチ、タム口径12インチと13インチ、フロアタム口径16インチというのがスタンダードでしたが、現在のスタンダードはバスドラム口径20インチ、タム口径10インチと12インチ、フロアタム口径14インチと、小口径化が進んでいます。楽器のサイズが小さければ演奏もしやすいですし、値段も安くなるため、ドラマーにとっては一石二鳥なのです。

最後に、フロアタム小噺。某有名メタル・ドラマーはフロアタムを2台並べた、いわゆる2フロアのセッティングをしていますが、演奏に使うのは小さい方(口径16インチ)だけで、大きい方(口径18インチ)は「タオルや飲み物を置くためのコーヒー・テーブルだ」とインタビューに答えていました。2フロアは「見た目が格好良い!」と人気のセッティングですが、使いこなすにはそれなりに技量が必要です。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。