フィクションの世界において、クラシック音楽的思考が悪者扱いされる風潮について

Pocket

クラシック音楽的思考とは、主に「厳しい指導」「譜面通りの正確な演奏」を指す。たとえば、ポピュラー音楽、つまり、ロックやポップスがテーマの作品に、クラシック出身の演奏家であるキャラクターAが出ると、「譜面通り弾くなんて音楽じゃない」と評価を受けたり、自分の思うがままに演奏するキャラクターB(その物語の主人公である場合が多い)の演奏を見たキャラクターAが、「こいつ……できる!」と、キャラクターBを脅威に思う展開がある。また、クラシックがテーマの作品も例外ではなく、幼少から厳しい指導を受けているキャラクターより、「譜面通りじゃなくて、もっと感情的に弾こうよ!」というようなことを言っているキャラクターの方がメインを張ることが多い。

音楽を扱った作品に限った話ではない。たとえば、バスケット・ボールがテーマだとして、あるキャラクターCはバスケがしたいのだけれど、実は幼少からクラシックピアノを習っていて「あんな指を痛めるスポーツなんてやめなさい!」と親(あるいは講師)に止められ、でも最終的に「僕はバスケがやりたいんだ!」と復帰するような展開がある。ようするに「バスケ=正義、クラシック=悪者」という図である。

なぜこのような風潮があるか。一言で言えば、「悪者にしやすいから」である。フィクションとは、基本的に「主人公がいて、その主人公が信じる(社会的モラルに則ったものとは限らない)正義が活躍する話」である。そして、正義が活躍するためには、悪者が必要不可欠なのだ。くわえて、クラシック音楽的思考を示唆する、「厳しい指導」「譜面通り」というのは、「この世のしがらみ」「規則」といった、現実世界において不満を持たれる対象を連想させる。これらを悪者にし、正義に勝たせることで、読者は主人公に共感しやすくなる。

最後に、現実世界のクラシック音楽の話をしよう。「譜面通りに演奏するなんて音楽じゃない!」というフィクションの意見は、まあまあ現実世界でも通用する。何をもってして音楽は音楽たるか、定義は人によって異なるからだ。しかし、演奏技術においては、譜面通り弾く方が、そうでない場合と比べ、圧倒的に難しい。「自分の感性のままに演奏する」というのは、もともと自分が持っているものをアウトプット(出力)するだけだけれど、譜面通り演奏するにはまず、演奏する情報を自分の中にインプット(入力)し、それからアウトプットしなければならない。同じ「演奏する」という行為でも、後者の仕事量は、前者の倍なのだ。更に、感性のままに演奏する場合、何をアウトプットしても正解になるが、譜面通りに演奏する場合、インプットしたこと以外はアウトプットできない、という制約がある。同じ音楽で報酬が大きく異なるのは、このためである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA