パズル・ゲームで学ぶ、段取りの解

Pocket

こないだ実家に帰った際、家に置いてあった「バラバラになったパーツを組み合わせて立方体を作るパズル・ゲーム」にハマってしばらく遊んでいた。10分くらい遊んで「こんなん無理やし!」と1度諦めたのだけれど、妹がわりとあっさりクリアしたらしく、悔しいので再挑戦したところ、5時間くらいかけてようやくクリアできた。こういうところにも不器用さが表れていると思う。

妹にも指摘されたことだけれど、櫻井は「手を動かさずに考えてから行動する」という癖がある。じっくりパーツを観察し、「自分がこのパズルの製作者だったらどう構築していくか」を推測する。ある程度当たりをつけた後、手を動かし始める。テスト前日に山を張って勉強する受験生のようなやり口だ。考察している間はパズルを組み立てないので、経験値はゼロである。

当たりをつけるのは悪いことでないが、勘は当たらなければ外れよりたちが悪い。「失敗は成功の元」なんて言葉があるけれど、これは「失敗に至るまでの経験値が次に活かせるため、次回の成功率が上がる」という意味だ。山勘にはこれがない。競馬で一発儲けようとするのと同じだ。

かといって「なんでも良いから、とりあえずやってみる」というのも少し違う。行動している分マシかもしれないが、行き当たりばったり、当てずっぽうな行ないが成功するのはただの「運任せ」である。宝くじで大富豪を狙うようなものだ。実を言うと櫻井は、勘頼りの後は運任せにしがちである。悪手を2度連続で使うから、パズルを解くのに5時間もかかるのだ。

おそらく、妹は「手を動かしながら考えるタイプ」なのだろう。頭と手を同時に使っているわけだ。妻が正にこのタイプで、櫻井が苦戦したパズルを5分足らずでクリアしていた。櫻井よりも頭の回転が60倍速い。成人男性の走る速さがだいたい時速16キロくらいなので、妻は時速960キロ、ジャンボジェットより速い。ただただ頭が下がる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA