ニューパーク音楽大学を選んだ理由

Pocket

ニューパーク音楽大学(Newpark Music Centre、以下ニューパーク)は、アイルランドのジャズ音楽大学である。2年制の「バークリー・トラック(BT) 」と4年制の「音楽学士コース(BAJP) 」があり、櫻井は専門学校を卒業後、音楽学士コースの3回生に編入し、卒業している。もともと留学するつもりだったので、海外の大学と提携している専門学校を選んだのだけれど、当初はニューパークでなく、バークリー音楽大学(Berklee College of Music、以下バークリー)に留学する予定だった。最終的にニューパークを選んだのだけれど、その決め手となった理由を3つ紹介しよう。ニューパークへの留学を検討している人の参考になれば、と思う。

1つ目は、「教育学」という授業があること。これは講師と共にクラスを周り実際に指導を行なう、いわば「教育実習」のようなもの。「海外留学しよう」と計画したのは「ドラム講師になるための知識と技術を得るため」という目的に基づいているため、講師の経験を積めるこの授業は最大の決め手になったといえる。もしかしたらバークリーにも似たような授業があるのかもしれないけれど、説明会などで紹介しないところをみると、やはりパフォーマンス中心の大学なのでは、と想像できる。

2つ目は、日本人が少ないこと。せっかく海外へ行くのに周りが日本人ばかりではもったいない、と考えたのだ。バークリーの外国人留学生は、そのほとんどが韓国人と日本人だと聞いている。ニューパークも外国人留学生が多い大学だけれど、櫻井が入学した時に日本人は全体で3人しかいなかったし、学年では櫻井1人だけだった。英語で苦しむことになったけれど、いわゆる「海外留学らしさ」を経験することはできた。ただ、櫻井が卒業する時には6人くらいになっていたため、現在はもっと増えていると思われる。

3つ目は、学費が安いこと。櫻井が入学した時はちょうどユーロ安で、奨学金が出たこともあり、年間30万円という破格の学費だった。2年間留学していたけれど、生活費や渡航費、保険料などすべて含めても300万円ほどしかかからなかった。現在のレートでも400万円くらいだろう。バークリーは1セメスター(3ヶ月)の学費だけで300万円かかるらしい。2年で卒業したとして、学費だけで2,000万円だ。それだけ良い学びができる環境なのかもしれないけれど、そもそも講師になれるかどうかわからないし、なったところで2,000万を稼ぐほどの商才はないと判断したのである。

以上。「パフォーマンスを深く学びたい」「日本人がいないと寂しい」「良い学びのためにお金を惜しみたくない」「私はミュージシャンとして成功する可能性を秘めている」など、人それぞれに考えがあると思う。周囲の評判に流されず、自分に適しているかどうか注意深く考えた上で選んでいただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA