ドラム講師がドラムのチューニング方法を教えない理由

Pocket

専門学校時代、ドラム科のある生徒がこんな愚痴をこぼしていた。「ドラムのチューニング方法を授業で教えないなんて、うちの学校のドラム講師は間違っている」。悪意のある言い方はともかく、そんなおかしなことがあるだろうか、と少し疑問に思ったので、その週の個人レッスンの際、ドラムの先生に「チューニングについて教えてください」と尋ねたのだけど、その先生は懇切丁寧に教えてくれた。名誉のために言っておくけれど、好みはさておき、櫻井が習ったドラム講師は国内外含め全員、教師として一流だった。聞かれて答えない、という事態はまず起こらないだろう。

では、どうしてこのようなすれ違いが起きてしまったのか。確かめる前にその生徒が学校をやめてしまったので真相はわからなくなってしまったけれど、恐らく、「先生に聞かなかった」という可能性が高い。推測の域を出ないが、要するに、「こっちが頼まずとも教えろよ」というのが生徒側の言い分だったのではないだろうか。

たしかに、「生徒が尋ねる前に教師が教えるべきこと」というのはあると思う。たとえば、演奏時の姿勢(フォーム)はこれに含まれるだろう。間違ったままのフォームでは、健康に影響が出るからだ。しかし、「ドラムのチューニング」はこれに含まれないと思う。そもそもドラムのチューニングとは弦楽器のそれと違い、「音程を調整するもの」ではなく「音のキャラクターを作るもの」である。弦楽器で言えば「音色作り」だ。これは全ての楽器に言えることだけれど、いくら良い音色を作っても、それに伴う実力がなければ、それが発揮されることはない。音色とは言わばホースの径であって、いくら管を広くしても、そこに流れる水量(実力)が低ければ意味がない。

もちろん、教師であればホースの径の広げ方を把握している。どんな形の径がどんな水流(スタイル)に合っているかも理解している。しかし、何よりもまず水量を増やすことが先決であることも知っているのだ。櫻井の最初の先生は、こちらが聞く前にドラムのチューニングについて教えてくれたけれど、それも3年という長い期間の中での、ほんの数時間である。(しかも当時の櫻井は「先生の音は好きになれん」の一言で、全く聞く耳を持たなかった。若気の至りである)

というわけで、ドラム講師がドラムのチューニング方法を教えない理由は、「生徒が聞かないから」、あるいは、「間違った聞き方をしているから」である。あらゆる「〇〇(楽器)講師が××(〇〇に関すること)を教えない理由」がこの一言で解決するだろう。しかし、「聞けない生徒」が今後の主流になってくるだろうな、という予感はする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA