ドラムで強弱をつけるコツ

Pocket

小学校の音楽の授業では、「フォルテ」や「メゾ・フォルテ」といった強弱記号を習う。これは文字通り、音の強弱を指示する記号で、フォルテ(f)がつけばつくほど強くなり、ピアノ(p)がつけばつくほど弱くなる。また、メゾ(m)には「半分の」という意味があり、フォルテやピアノがもつ効力を半減させる機能がある。

これら強弱記号には「フォルテは90デシベル以上で」のような具体的な基準はなく、「フォルテはメゾ・フォルテよりも強い」といった相対的な基準しかない。同じフォルテでも人によって、また、曲によって異なるわけだ。今回紹介する強弱の差はあくまで目安である。何かの参考になれば幸いである。

櫻井はスティックの振り幅を変えて強弱をつけている。ピアノが0°(平行)、フォルテが90°(垂直)を基準としていて、中間の45°をメゾ・フォルテとしている。

ピアノ(0°)

メゾ・フォルテ(45°)

フォルテ(90°)

その他、メゾ・フォルテよりも弱いメゾ・ピアノは20°〜25°、フォルテよりも強いフォルテシモは110〜120°を意識している。

難しいのはフォルテシモよりも強いフォルテシッシモ、ピアノよりも弱いピアニシモやピアニシッシモの存在である。これらの強弱記号をスティックの振り幅だけで調節するのはかなり難しいので、スティックを振るスピードで強弱差をつけるようにしている。角度ほどの差はつけられないけれど、ある程度は対応できるだろう。

以上。いきなり全部をコントロールするのは難しいので、まずはピアノ、メゾ・フォルテ、フォルテの3種に挑戦してみよう。この3つだけでもダイナミクスは十分につけられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA