スタジオと僕

防音と防振のため、スタジオ内は密閉された空間です。多くの場合、地下にありますし、窓もありません。自然光も入りませんし、照明が薄暗いことも珍しくありません。また、特に梅雨から夏にかけて、湿度と温度と同居することになります。「大きい押し入れ」と言ったところでしょうか。



生音が大きいドラムを自宅で叩ける環境は滅多にありません。ほとんどのドラマーは、ドラムを練習するために音楽スタジオへ行くことになります。僕も例外ではありません。これまでの音楽人生で、自室に次いで長い時間を過ごしている場所かもしれません。

ドラムを習い始めた高校時代は、授業が終わるとすぐに学校近くのスタジオへ行っていました。高校卒業後、働きながらバンド活動をしていたころも、仕事終わりに友人たちとスタジオで練習していました。専門学校、音楽大学時代も、校舎が開いている間はずっとスタジオに引きこもっています。そして、音楽講師になった今、スタジオが職場となりました。



僕はスタジオが好きです。学びながら、働きながらドラムを叩いてきた僕にとって、スタジオは「音楽の時間」なのです。それが個人練習でもバンド練習でも、レッスンを受ける方でもする方でも違いはありせん。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。






開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!




※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。