スイーツに「甘くない」は褒め言葉か

Pocket

バラエティ番組で芸能人が、スイーツを食べて「甘くなくて美味しい」とコメントをしていたことがある。妻はそれを見て、「スイーツは甘いからスイーツなのではないか。甘くないとはいかがなものか。なぜ素直に甘いと感想を言えないのか」と金髪になって怒っていらした。櫻井は芸能人でもなければ放送作家でもないので、この手の不満や愚痴は独り言なのだ、と心得ている。

「甘くない」がスイーツの褒め言葉になっているのは、その背後に「甘さ控えめ」という言葉があるせいだろう。どんどん控えていったらなくなった、という道理である。「甘さ控えめ」が褒め言葉になるのは、糖分を抑えている証拠になるからだ。「スイーツなのに、健康を損なわない」というイメージを植えつけているわけである。

こうしてみると「甘くない」「甘さ控えめ」は、スイーツを評価した言葉というより健康意識のアピールに思える。誤解を恐れず、少々誇張して、しかし端的に説明すると「食べても太らないスイーツを食べる私は可愛い」だ。健康意識が高い人はそもそもスイーツなんて食べないと思うのだけれど、いかがか。

逆に、肉や野菜は「甘い」が褒め言葉になるようだ。「溶ける」という表現もよく使われる。一見して甘くないもの、溶けそうにないものを「甘い」「溶ける」と評価するきらいがある。つまり、どんな食べ物も適当に反対のことを言っておけば高評価になる、ということだ。ラーメンだったら「さっぱりしている」、カレーだったら「辛くない」。ほら、それっぽくなったでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA