ジャムって発酵させるんじゃないの?

Pocket

果実を潰して発酵させるとドロドロした成分が生まれてジャムになる、と思っていたことがある。何の疑いもなく「ジャムは発酵食品」と考えていたのだ。ある時「西の魔女が死んだ」という本を読んだら、果実を潰し、煮詰めてジャムを作る描写があった。「発酵させないジャムもあるんだあ」と言ったら友人に「何を馬鹿なことを言っているんだ」と呆れられてしまった。

ジャムといえば、何もつけずに食パンを食べていたころ(参考『パン』)、同僚に「こないだジャム作ったので、持ってきましょうか?」とお裾分けしてもらったことがある。櫻井の中でジャムは発酵食品であり、チーズとかヨーグルトみたいに湿度や温度が調整された倉みたいな場所が必要だと思っていたので、「自宅でジャムが作れるなんて、よっぽど裕福なんだなあ」と感心していた。

この手の勘違いが櫻井には多い。昔はよくトリュフチョコを食べていて、「内側と外側で異なる食感を生み出す、まさに職人の結晶」といたく感動していた。どうやって作るのか、皆目見当がつかない。バレンタインで女子が手作りして持ってきているのを見て「さすがは女子」と思っていた。ある時、自分で作る機会があったので作ってみたのだけれど、カレーライスくらい簡単だった。

今でも得体の知れないものは多い。たとえば、納豆についてくる「からし」。あれはもともと何でできているのだろう。ホットドッグにかかっているマスタードは「西洋からし」と呼ばれているけれど、あれとは明らかに味が異なる。名称は「とうがらし」に近いけれど、あれの黄色い品種に水を含めたり練ったりしているのだろうか。あまり食べる機会がないのでわからない。納豆とおでんくらいじゃないだろうか。櫻井は納豆もおでんもそのまま食べるため、データが不足している。調べればわかるのだろうけれど、「世の中に不思議な食べ物があるんだなあ」と思うに留まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA