シュガー・トースト

Pocket

櫻井が新聞奨学生時代に食べていたジャンク・フードである。レシピは至ってシンプルで、老若男女問わず楽しめること請け合いだ。

○材料

食パン
マーガリン
スティックシュガー

○作り方

1. 食パンの凹凸を埋めるようにまんべんなく、たっぷりとマーガリンを塗る。
2. 食パン1枚につき、スティックシュガーを2本まぶす。
3. 表面があめ色になるまでトーストで熱する。

以上である。これが大変美味で、1食で1斤を消費することもままあったし、マーガリン1パック(300g)は3週間でなくなった

○健康への影響

当時は週7日で働いていたため、それなりに運動量があり、年齢も20代前半だったこともあって「どれだけ食べてもまあ何とかなるだろう」と思っていた。しかし聞くところによると、マーガリンに含まれるトランス何某という成分は、過剰に摂取すると動脈硬化を引き起こすらしい。太りはしないが急逝するリスクが高まる、まさに「悪魔のデザート」と言えるのでは。

○リバウンド

馬鹿みたいに甘いものばかり食べていた反動か、今は甘いものを食べるとたびたび体調を崩すようになった。味自体は嫌いではないし、無性に食べたくなった時は食べるけれど、油断するとすぐ気持ち悪くなる。昔は好きだった和菓子も今は苦手になってしまった。

こうして人は健康になっていくのだな、と思う。必要なものは身体が求めるし、不必要なものは身体が拒む。妻いわく、櫻井は塩分過多らしいが、害があれば体が受け付けなくなるだろう、と楽観している。しかし、トランス何某といい塩分といい、血液に負担をかけ過ぎている気がしないでもないけれど……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA