シとミ、ンとニ

Pocket

とても似ているカタカナである。櫻井が書くと非常に混同されやすく、たとえば下の文字。

上は「ミンナ(皆)」、下は「シンナー」のつもりで書いたのだけれど、第3者から見ると何がなんだかわからないらしい。実を言うと、書いた櫻井自身、読めない時がある。ためしに「皆シンナー見んな」を全部カタカナで書いてみた。

こうして見ると、「ナ」と「十(じゅう)」も似ている。「+(プラス)」にも見えてくる。「-(伸ばし棒)」を「一(いち)」や「-(マイナス)」、「ミ」を「三(さん)」、「ニ」を「=(イコール)」にすれば、「三二+三=十-三=十(32+3=10-3=10)」という謎の計算式を作ることもできる。あ、イコールの部分は「ン」だったか……。

某大手塾の先生をやっていたころ、国語のプリントでシとツ、ンとソを混同する小学生が多くて、たとえば「公園の『ツーンー』で遊ぶ」なんて回答になっていたりすると、採点する側としては△(減点)にしなければならない。当人は「シーソー」と書いているつもりなので、「先生、採点ミスしとるよ」と怒って持ってくる。大抵の小学生は、「ごめんごめん」と謝りつつ「ところで、ツーンーってどうやって遊ぶの」と聞き返せば直しに戻る。「今学校でブームなんだよ、知らないの」と適当なことを言ってきた場合は○をつけるつもりだったけれど、そこまで臨機応変な小学生はいなかった。

「弱拍にアクセントを置くリズムの名称」のことを、櫻井の生徒様は「ミニコペーミョニ」と覚えてしまっているかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA